AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤は「毛を育てる」役割をするもので、頭髪を生やすのではなく、髪を育てる手助けをする製品のことです。

頭髪が抜け落ちた毛根から新たに発毛させる効果が認められるわけではないことはご存じでしたでしょうか。

育毛と発毛。これは初めて見る方にとっては非常にややこしいものです。しかし、効果が違っている薬を使い続けても髪が増えるわけではないため、ここでしっかりと理解しましょう。

今回はAGAは育毛剤だけで対処できるかについて詳しく解説致します。

 

育毛剤は医薬品ではない

育毛剤のほぼすべてが医薬部外品です。医薬品ほどではありませんが、人体に何らかの改善効果をもたらす成分が含まれているものを指します。

医薬部外品は、小売販売では特段の許可制度は定められていません。つまり薬剤師や登録販売者がいない店舗でも販売してます。 発毛剤のミノキシジルは医薬品ですので、当然ですが医薬部外品の育毛剤には入っていません。 しかしその代わりではないですが、天然由来の育毛が期待できる成分を配合している商品が多いです。

厚生労働省が毛髪用剤として正式に発毛効果を認めた医薬成分である「ミノキシジル」を配合した薬は、発毛剤を名乗れます。つまり、発毛剤以外の育毛剤系の製品では、「毛が生えてくる」ことを明言してはいけないのです。

育毛剤ではなく、発毛促進剤とする製品もあります。こちらも毛を生やす効果が厚生労働省から正式に認められているものではありません。つまり育毛剤と同じカテゴリーであると言えます。 「発毛を促進する(効果があるかもしれない薬)剤」と考えておくのが妥当です。

 

育毛剤は頭髪を育てる

ここまでで分かって頂けたかと思いますが、育毛剤は毛髪を生やす薬ではなく、使用することで今生えている毛を太く、丈夫に育て、抜けにくくする効果を期待するものです。 薄毛に悩んでいる人にとってはこれも効果があると言えます。

既存の頭髪を強く育てると頭髪全体をボリュームアップさせることができ、地肌が見える割合が少なくなるため、薄毛が気にならなくなる効果もあるからです。しかし 医薬部外品でも副作用的な症状がまったく無いではないので、注意が必要です。

AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤だけでAGAを改善するのは困難でしょう。AGAは悪玉男性ホルモンに対するレセプターの感受性などが原因で髪が細くなり、抜けてしまうものです。

これについて育毛剤だけでは明確な解決とはなり得ません。ミノキシジルやフィナステリドなども医師の助言の元使用しつつ、自毛植毛手術をするというのが良いでしょう。

 

自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

パーマをかけると抜け毛が増える?

パーマをかけると、掛け方にもよりますが薄毛が目立たなくなることがあります。

しかし、多くの方が心配するのはパーマをかけることで逆に抜け毛が増え、薄毛が悪化するのではないかということです。
一般的には、パーマ剤は髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、薄毛の原因になると言われていますが、どうなのでしょうか。

今回はパーマをかけると抜け毛が増える?についてご説明します。

パーマで薄毛になるか

パーマを一度行っただけでは、頭皮や薄毛に深刻な影響を及ぼすなどのダメージにはならないと言われています。しかしこれはヘアスタイルを維持するために何回もパーマを繰り返している場合は別です。

何度も度重なるダメージで頭皮が弱り、それが薄毛につながってしまうこともないとはいえません。皮膚の弱い人は、パーマをかけると頭皮に炎症が起きる危険性もあります。
炎症が原因で毛穴が塞がったり頭皮が傷ついたりすることもないとはいえず、それで抜け毛が増えてしまうケースもあるので、注意は必要です。

しかし、このようなケースもある一方、パーマをかけても薄毛が進行しないケースもあります。つまりこれは一概に言えず、自分の薄毛症状などによって大きな違いがあるため、個人差を考えなければなりません。

一般的には、パーマが原因で薄毛になることはないとは言われていますが、既に起こっている薄毛症状を悪化させる可能性はゼロとまでは言えないので、ほどほどに楽しむのが良いと思われます。

 

パーマ剤のダメージについて

人間の頭皮は肌の健康を保つため弱酸性に保たれています。しかしパーマ剤はアルカリ性です。

パーマ液には2つの薬剤があり、1つ目は髪の毛の成分であるケラチンの中の「シスチン」というアミノ酸を分解する効果があります。2つ目の薬剤は分解されたシスチンを再び結びつける働きを持っています。

パーマの仕組みは、このような化学反応で髪の質を変えてしまうことです。パーマ剤の成分はかなり刺激が強く、頭皮にも浸透しやすいことも見過ごせません。髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも多いと言われています。

しかし、何度も言いますがパーマをかけたら絶対薄毛になるという訳ではないのです。

頭皮ケアの重要性

パーマは必ずしもだめという訳ではありません。しかし比較的強い薬剤を使用するので、パーマの頻度が多いほど薄毛のリスクは高まります。
パーマをかけるときは頭皮のダメージを極力防ぐために、ケアを行うことが重要です。

パーマ後の髪はぬるま湯のみで、指の腹で優しく洗うなど、なるべく刺激を与えないようにするのが良いでしょう。それから洗浄力が強いシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい成分のものを使うと良いです。

 

薄毛部分に移植する植毛法です

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

固形せっけんで髪を洗ってもいい?

今回は固形石鹸のお話になります。男性の中には、頭を洗うのも、体を洗うのも固形石鹸一択にしているという方は意外と多いでしょう。

固形石鹸を使って髪を洗うことは特段問題ないようにも思えます。もちろん固形石鹸が原因で薄毛になるなど、信じられませんよね。今回は固形せっけんと薄毛の関係について、ご説明いたします。

ちなみに今回ここで取り上げるのは、洗髪専用の固形石鹸ではなく、一般的な体を洗う安価な石鹸です。

固形石鹸は勧められない

実は固形石鹸はシャンプーに比べて、洗浄力が高いと言われています。しかし頭皮がすっきりとしたような感じを受けますが、実はそれは洗いすぎの状態なのです。

洗浄力が高いということは皮脂をきれいに洗い流してくれるということ。実はこれ。いいことではありません。固形石鹸では髪や頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうということだからです。

皮脂が不足すると頭皮は乾燥しがちになります。この頭皮は乾燥を補うために、皮脂を過剰分泌してしまいます。すっきりするどころか逆にべたつきが気になるようになります。そして皮脂の過剰分泌が毛穴詰まりの原因にもなり、抜け毛にも繋がってしまうのです。

 

髪の毛が痛む

髪の毛の成分は弱酸性です。しかし固形石鹸はほとんどがアルカリ性。つまり髪の毛が傷つくことを意味します。

キューティクルが傷ついていくと髪はどうなるのか。ハリがなくパサつきやすい髪の毛になっていきます。

固形石鹸を使いたい方へ

固形石鹼は適当に選ぶことだけは控えるべきです。そのため適当なものではなく、シャンプー用の固形石鹸を使用しましょう。

おすすめはアミノ酸系です。洗浄力は弱いのですが、洗いすぎることがないので、頭皮を防御することにつながります。

また念入りにすすぎをすることを忘れないで下さい。シャンプーをしっかりと洗い流さない人がいますが、やめましょう。シャンプーの成分を頭皮に残したままにしても、悪いことはあれ、いいことは一つもありません。

固形石鹸のシャンプー使用後は、もちろんリンスやトリートメントでケアしましょう。

男性の中にはリンスやトリートメントの使用を過度に嫌がる方が一部いらっしゃいます。もちろんそれは個人の好みではありますが、女性的で使いたくない、買うのが恥ずかしいという方が多いようです。しかしながら、これらは頭皮を保護することにつながるので、拒否反応を示すことなく、積極的に使っていきましょう。

施術から1週間ほどで移植毛が生着

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

育毛ケアの効果が出ない原因は?

年をとれば誰でも発毛の機能が衰えます。髪の毛全体もボリュームが失われます。しかし近ごろは20、30代でも薄毛に悩む人が増えているようです。

そして薄毛に悩む方は様々な育毛ケアを行っているものの目立った効果がでないと悩んでいる方も多いと聞きます。

今回は育毛ケアの効果が出ない原因についてご説明いたします。

間違った育毛ケア

まず知って頂きたいのは育毛ケアを行うことで誰でも髪の毛が元のようにフサフサになるということはないということです。自分に適した育毛ケアを行えば、現状より改善する見込みはありますが、それも絶対ではありません。

よく聞く間違いですが、自分の薄毛症状と関係のない育毛ケアをしているケースです。例えば、遺伝が原因と言われているAGAの患者さんがストレス性の薄毛のケアをしてもあまり効果はありません。逆も然りで、ストレス性や栄養不足などに起因する薄毛のケア方法はそれぞれ別なのです。

まずストレス性の円形脱毛症などの薄毛は、ストレスとなる原因が取り除かれることで、再び髪が生えてきます。栄養不足についても栄養を適切に摂取できるようになると髪の毛が戻るケースはあるのです。

このケースの薄毛はある日突然始まるものではなく、小さな原因が積み重なり進行するものです。原因を1つずつ取り除き改善していくには、それなりの時間がかかります。

薄い毛は頭皮に毛母細胞が存在しているなら、治る可能性がないとはいえません。
薄毛が改善しない期間が長引いたとしてもあきらめずに、根気よく育毛に取り組むことが大事です。

AGAと育毛ケア

しかし、AGAは別で遺伝性と言われているため、放っておけばどんどん進行する薄毛です。薬剤などを使った治療を始めると薄毛改善が見られるケースもありますが、半年程治療を続けても良い効果が得られない場合もあります。

AGAの治療でおすすめなのが、自毛植毛とミノキシジルなどの薬剤の併用です。一度大きく薄毛が進行してしまうと、薬だけで元のボリュームに戻すのは困難となります。そのために検討してほしいのが自毛植毛です。

自毛植毛は髪の毛が薄くなった頭皮にも採取した自分の後頭部などの毛を植え付けていく方法です。手術になるので選択することに勇気が持てない人もいます。しかし局所麻酔で痛みもほぼなく行えるため、選択肢として多くの方に選ばれるようになってきました。

まずは元の髪に使い状態のボリュームに自毛植毛で戻し、そこからミノキシジルなどをつかい、AGAの進行を遅らせることが良いのではないかと思われます。

 

十分な長さに生え揃うでしょう

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

ビタミンCは薄毛に効くのか

ビタミンCは私たちにとって身近な栄養素です。一般的にはレモンに含まれていることで知られていますが、ビタミンCが含まれている食材は膨大にあり、私たちは常にそれを摂取しています。

最近はビタミンCを手軽に取れるようにサプリメントなども多く見かけるようになりました。しかし、実際にビタミンCが何に役に立っているのかというと多くの人が知らなかったりします。

また、そもそもこのビタミンCは薄毛改善にも効果があるのでしょうか。
今回はビタミンCと薄毛の関係性についてご説明致します。

 

ビタミンCとは

アスコルビン酸とも呼ばれるビタミンCは、体内の酸化還元反応に広く関わるほかに、コラーゲンの生成、植物性食品からの鉄の吸収を助ける働きをしています。調理による加熱に弱く、光や空気に影響を受けやすいのが特徴です。なおかつ、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンです。

消化管で吸収されたビタミンCは全身に運ばれ、吸収されなかった分は尿として排泄されます。ビタミンCは、多くの生き物が体内で生成することができますが、ヒトや一部の動物の体のなかでは生成できません。そのため、食品から摂取する必要があるのです。

日本人の食事摂取基準(2015年版)を見ると、ビタミンCは15歳以上で1日に100mgの摂取が推奨されています。1日の摂取目安は年齢別で異なりますが、性別で差はありません。また、余分に摂取しても排泄されるため、上限摂取量は設定されていません。体内に貯蔵されているビタミンCもあるため、摂取量が少ないからといってすぐに不足するわけではありませんが、欠乏状態にならないように心がける必要があります。

出典 https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=180&category=health

ビタミンCと毛髪

体に必要な栄養で特にビタミンCが不足すると、新陳代謝や細胞の働きが鈍くなり、これが肌や血管の生成に大きな影響が出ることが知られています。

そしてこれら毛細血管には頭皮に栄養をきちんと送る役目があります。ビタミンCが過剰に不足し、毛細血管の流れが悪くなるとことで髪の成長を妨げてしまうのです。またビタミンCには疲労回復効果があるので積極的に摂取することで、疲労やストレスが原因の血流の悪化をきちんと防いでくれます。 毎日しっかりとビタミンCを摂取しましょう。

逆にビタミンcが不足すると髪がしっかりと成長しないということなので、薄毛につながることがあるといえます。

ビタミンCの接種方法

成人の男女が一日に必要なビタミンCの摂取量は約100mlと言われています。特に ビタミンCが多く含まれる野菜を積極的に取りましょう。柿、アセロラ、ブロッコリー、ゴーヤ、ピーマンなどです。

必要量は食事で摂れます。これだけで薄毛が改善するかは分かりませんが、髪の生育に欠かせない大事な栄養素ではありますので積極的に摂取しましょう。

再び自分の髪の毛となります

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

肉食生活を続けていると薄毛になる?

肉にはタンパク質が豊富に含まれています。髪の毛もそのほとんどがタンパク質からできています。そのため、意識して肉を多めに食べている人もいるのではないでしょうか。
しかしこれを補充しようと肉を食べすぎていると、髪が増えるばかりか逆に薄毛になることもあるのです。

髪はタンパク質

私たちの筋肉やお肌をつくるのに大切な「タンパク質」ですが、実は髪の毛も、およそ8割が「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で構成されていると言われています。

主成分であるタンパク質が不足してしまった髪の毛は、枝毛や切れ毛、薄毛、ハリやコシが無くなるなど、トラブルが起きやすい不安定な状態になります。

タンパク質はさまざまなアミノ酸によって構成されていますが、髪を作っている「ケラチン」も、18種類のアミノ酸が結合したもの。特に、シスチン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニンなどは有名ですね。
アミノ酸には人間の体内で合成できるものとできないものがありますが、合成できない「必須アミノ酸」は外側から補給するしかありません。また、体内で合成できるアミノ酸(非必須アミノ酸)でも、消費量に対して合成量が追いつかず、足りていないことも少なくないのです。

出典 https://tamachanshop.jp/2021/02/16/9788/

私たちの髪の毛の主成分はタンパク質なので、動物性のタンパク質の塊の肉を食べることは問題ないように思われます。
しかし、肉にはタンパク質だけでが含まれている訳ではありません。それ以外の余分な栄養も含まれています。代表的な栄養素は脂質です。脂質は三大栄養素の一つで健康にかかせないものですが、摂りすぎてしまうと肥満などの原因となります。

肉食の薄毛リスク

毎日肉ばかりを食べている、薄毛をますます進行させるリスクがあります。脂身にはコレステロールとして体内に蓄積される飽和脂肪酸が多く含まれているからです。

食べすぎると、皮脂の分泌が活発になり毛穴が詰まります。頭皮の炎症を招き、薄毛を引き起こす恐れもあります。中年の方は代謝機能も低下しています。肉食は脳梗塞や肥満、動脈硬化など大きな病気を引き起こすリスクがあるのです。

肉好きな人は、比較的脂肪分が少ない鶏肉を食べると良いでしょう。良質なタンパク源、発毛と頭皮を健康に維持する効果のあるビタミンB 群、亜鉛、コラーゲンなども豊富に含まれています。

ただ、肉食のみの生活はやはり問題があると言わざるをえないので、野菜なども食べ、バランスの良い食事を心がけましょう。

いずれにせよ、肉のみを食べる生活は健康的とは言えません。

ダウンタイムもほとんどありません

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

薄毛と血管プラークのリスク

プラークは歯医者でよく聞く言葉です。プラークは実は歯科領域では歯垢という意味ですがこれは医学的に別の意味でも用いられることがあります。
血管プラークと呼ばれるものは、血管内にこびりつき血液や血流に悪影響を及ぼすと言われているのです。

この血管プラークは実は薄毛と無縁ではないのです。

 

血管プラーク

血管のカベが厚くなることを“動脈硬化”といいます。おもに血管の老化現象ですが、そこにコレステロールなどの脂質の多い食事や運動不足、高血圧、糖尿病などの要因が加わると、動脈硬化がさらに進行し“プラーク”と呼ばれる病変ができます。

① 脳への血流が保てなくなる
② 進行し大きく膨らんだプラークが破れると血
栓(血のかたまり)ができる→血管のカベに血
栓がくっつき、血の流れが悪くなる・止まる
③ プラークや血栓が血管のカベからはがれて、
脳の血管を詰まらせてしまう

出典 http://mominoki-hp.or.jp/images/dock/pulark.pdf

血管プラークは、血管内にコレステロールがこびりつくことで血管の壁を厚くしてしまうことです。原因は、実は食生活の乱れや不摂生な生活習慣、喫煙や飲酒などです。

一般的に言われているのが悪玉コレステロールが増えることで血管プラークができやすくなるということです。気が付かない間にこれが進行し、血管プラークが小さくなることはないまま状況は悪化していきます。結果として動脈硬化になります。
この血管内のプラークが次々と剥がれ落ちると、これが血流に乗り脳や心臓に達します。その結果脳などの欠陥を詰まらせてしまうことも。このように心筋梗塞や脳卒中など病気の原因となるのです。

血管プラークを防ぐには

血管プラークを防ぐ方法をご説明致します。

常に偏った食事だと、悪玉コレステロールが発生しやすいのです。健康的な食事を心掛けましょう。ファストフードや揚げものばかり食べていると発生しやすくなると言われています。生姜など、血行を促進する食材も多く取り入れましょう。
またお酒も控えたほうがいいです。実はアルコールを大量に摂取することで、血管は縮みやすくなるのです。この結果、血管は劣化します。また健康診断で血管年齢を調べることも一応予防にはなります。血管プラークを作らない生活習慣を意識することが大事です。

薄毛と血管プラーク

ここまで見てみると、薄毛と血管プラークは特に関係が無いように思われます。しかし薄毛は血行不良も大きな原因と言われています。血管プラークができることで、血管内が狭くなります。血流の妨げとなるということです。

大きな血管もプラークで詰まりやすくなります。頭部にあるような細い毛細血管はより詰まりやすいのです。ここに血管プラークが出来ると、心臓から髪の毛に十分に栄養を届けることができなくなります。髪の毛の生育を妨げるため、薄毛に繋がります。

このほか加齢とともに血管プラークができるリスクは高まります。薄毛にも様々な原因がありますが、血管プラークが原因の薄毛と気づかない男性は多くいるのです。

 

 

自分の毛髪が生え続けます

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

薄毛症状と虫歯とは

薄毛症状と虫歯はまったく関係ないものと考えられがちですが多少共通点がある場合もあります。

そのため虫歯があることで薄毛になる可能性が高まることもあると言われています。
それでは、虫歯と薄毛の関連性などをご紹介します。

ストレスと虫歯

仕事や私生活でストレスが溜まると、自律神経が乱れ、唾液の分泌量が減ってしまいます。
唾液が減ると、口の中は“ドライマウス”の状態となり、細菌が繁殖しやすくなったり、口臭がきつくなったりする原因となります。

もっといえば、ドライマウスになると、口の中の自浄作用や抗菌作用が弱まるため、増加した虫歯菌と戦えません。
これが、ストレスが虫歯につながる1つの原因というわけです。

ちなみに、ドライマウスは声が出にくくなったり、味を感じにくくなったりすることにもつながるため、どのみち放っておくべきではありません。

毎日のようにストレスを感じていると、新陳代謝が下がり、血の巡りも悪くなってしまいます。そして、これが白血球、リンパなどが体中に行き渡らない原因となります。

白血球やリンパは、体にとって悪い菌を倒してくれる役割を持っているため、血がうまく巡らない状態が続くと、虫歯菌はなかなか口内から出て行きません。
これも、ストレスが虫歯につながる原因の1つです。

出典 https://wako-shika.com/

 

薄毛もストレスが原因の場合も

全ての薄毛がそうではありませんが、ストレスが薄毛を進行させることはあります。つまりストレスによる血行不良は虫歯を引き起こすと同時に薄毛症状を悪化させることもあるということです。

 

顎の骨格の歪み

虫歯の痛みがあるときは、虫歯がない方の歯を使う習慣が身につく時があります。
長い間、虫歯がないところの歯ばかりを使って噛んでいると、顎の骨格がゆがみます。骨格の歪みによってその周辺の筋肉が圧迫され、血行不良になることがあり、本当に必要な栄養が頭皮の隅々に行き渡らなる可能性もゼロではありません。薄毛を引き起こしてしまう原因の一つになる可能性もあります。

虫歯と薄毛は全く関連性がないように見えますが、意外と繋がりがある部分もあります。早期に虫歯の治療をすることは大切です。

 

痛みや噛めないストレス

虫歯の状態によっては何もしていない時も、痛みを感じるようになります。これは次第にストレスとなります。強いストレスは筋肉を緊張させ、血行不良が進行する原因になります。更に血行不良の状態が長く続くことで、末端の頭皮の血行も悪くなる恐れもあります。

健康な髪を維持するために必要な栄養が、頭皮に届きにくくなることで、薄毛を引き起こしてしまうことがあります。

 

 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

市販の育毛剤のメリット・デメリット

初めて薄毛症状が出たとき、多くの育毛剤を試した経験があるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。今やたくさんのメーカーから多種多様な育毛剤が販売されており、どれを買えばいいのか迷ってしまうほどです。しかし有効な成分が含まれているとしても、体質が合わなければそのまま薄毛が進むことがあるなど、注意点も存在するのです。

市販の育毛剤のメリット・デメリットについてご説明致します。

 

育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤と育毛剤とはどちらも薄毛などの対策として使用されており、似たように思われますが目的や効果が異なります。

発毛剤は、毛髪の毛包(毛を作り出す場所:特に毛根)を活性化させて、髪が抜け落ちた頭皮に新しい髪を生やす効果があります。
発毛剤には「ミノキシジル 」という成分が入っており、日本では唯一、髪を生えさせる成分の外用薬として認可されております。

その一方で、育毛剤の効果としては、現在の髪がまだ生えている頭皮を清潔に保ち、髪が太く長く、より丈夫に育ちやすい環境を整えます。メカニズムとしては、薄毛の原因物質の生成を防いで、これ以上の薄毛(抜け毛を防ぐ)への対策に効果があります。こちらには、ミノキシジルは配合されておりません。

このような発毛剤と育毛剤の効果の違いは、発毛剤にだけ入っている「ミノキシジル」 という発毛成分によります。

出典 https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_348.html

 

 

育毛剤で使用でも進む薄毛

育毛剤を使用するうえでいくつか注意しなければならないことがあります。誰にでも効果があるわけではないこと。薄毛が進行してしまっている状態では効果が感じられない場合が多いことです。

薄毛の原因物質の生成を防いで、これ以上の薄毛の成長を防ぐのが育毛剤です。もともと過度な効果に期待してはいけないとも言えますが、これらは広く知れ渡っているとは言えません。育毛剤と発毛剤を勘違いして使用している方はたくさんいます。

育毛剤はセンブリ抽出エキスなど多様な成分が含まれています。育毛のための有効な成分が含まれているというの間違いないのですが、組合わせや体質、相性で効果が変わるということは覚えておきましょう。

市販の育毛剤はもちろんリスクも存在します。医院等で育毛剤を使い続けていいか相談してみると安心です。

 

育毛剤の選び方

市販の育毛剤には限界があることを知っておく必要があります。大手メーカーは独自成分の配合や研究結果を製品に反映していますが、有効成分などが見つかっても効果が分かるまで量を含有できないこともあります。

含有量によっては副作用も強くなることがあるからです。市販ではなく医薬品としての申請が必要になるケースもあるといいます。薬事法の基準を満たすことは実に難しく、効果や、安全性の実証に長い年月がかかります。
効果がある成分が入っていたとしても、この成分の組み合わせにより逆の効果になってしまうケースもあるのです。

つまり成分の種類が豊富だからよい。と言う訳ではないということです。症状に合わせ最適な成分を選択することも重要ですし、体質に合わない場合は効果も感じられせん。

もし、早めに効果を感じたい場合は自毛植毛がおすすめです。

 

 

着実に成長し毛髪が生えそろっていきます

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。

自毛植毛はアレルギー体質でもできる?

アレルギー体質でも自毛植毛手術は受けられるのか気になっている方は多いと思います。特に頭皮の状態の変化や毛髪の生着率が心配になると思います。 皮膚炎等も含め体質的にアレルギーが出やすい方の植毛について説明します。

アレルギー

私たちの体には、細菌・ウィルス・寄生虫などの感染性微生物や異物などから、身を守るための「免疫」という仕組みがそなわっています。この免疫の働きが、現代文明による環境やライフサイクルの変化によって異常を起こし、くしゃみ、発疹、呼吸困難などの症状を起こしてしまう状態が「アレルギー」です。アレルギー疾患には、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、アレルギー性結膜炎、気管支喘息(ぜんそく)、薬剤・昆虫アレルギーなど…症状・経過とも多様な疾患が含まれます。

アレルギーのしくみ
アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン(抗原)」といい、私たちの身のまわりには、食物、花粉、ダニなど多くのアレルゲンが存在します。このアレルゲンが体の中に入ると異物とみなして排除しようとする免疫機能がはたらき、「IgE抗体」という物質が作られ、この状態を「感作」といいます。いったん感作が成立した後に、再度アレルゲンが体内に入ると、IgE抗体がくっつき、マスト細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、アレルギー症状を引き起こします。

出典 https://www.ncchd.go.jp/

アトピー性皮膚炎の方について

アトピーの疾患を持っている方は多いです。アトピー炎は、皮膚に異物が付着することにより発症します。これは植毛による刺激でアレルギー症状が突然、発症することは一般時にはないそうです。

頭皮の状態が荒れていれば別ですが、基本的には手術は可能です。アトピーの症状の重さは人それぞれです。カウンセリングでは症状についてしっかりと医師などに相談しましょう。

専用の薬を使用している方は、そちらについてもご相談してください。植毛の手術をしたとしても原則皮膚科で処方された薬はご使用いただけます。

術後は直に刺激を与えることは出来るだけ控えましょう。

敏感肌の自毛植毛

アレルギー体質で敏感肌の方でも植毛手術は可能です。

しかし手術の段階で、頭皮が炎症を起こしていたり化膿していたりする場合はこの限りではありません。この場合手術を行うことが難しくなります。手術時にかなり出血しやすくなるのです。
頭皮が化膿や炎症を起こし、生着率が悪くなる恐れがあります。

皮膚に疾患をお持ちの方はカウンセラーや医師とよく相談し、頭皮の状態が良好な時期に手術日程を決めましょう。
麻酔や抗生物質などへのアレルギーをお持ちの方の場合はカウンセリング時にどんな些細なことでも相談することが大事です。

 

術後も普段通りの生活をすることができます

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には後には十分な長さに生え揃うでしょう。