投稿者「アスク井上クリニック」のアーカイブ

アスク井上クリニック について

・ドクターについて

薄毛と喫煙の因果関係

昔から薄毛と喫煙の因果関係は取り沙汰されてきました。

現在も色々な所で「関連はある」とされている話を見ますが、よく記事を読み込んでみると旧タイプの紙タバコの事であって、電子タバコや加熱式タバコの事はまだまだ書かれていないようです。

今回は電子タバコ、加熱式タバコの違いにも焦点を当てつつ、薄毛との因果関係を解説致します。

 

「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の違い

電子タバコとはフレーバー付きの液体を加熱することによって発生する蒸気を吸引する「タバコのようなもの」です。

加熱式タバコとはタバコ葉を専用の機械の中で加熱することによって発生する蒸気を吸引する「タバコ」です。

まずはこちらの違いを念頭においておいてください。

 

頭皮、薄毛にとってタブー

紙タバコの時代に言われていた内容で、薄毛への因果関係においてタブー視されていたものは「ニコチンの影響での血流の減少」「一酸化炭素の影響での酸素不足」が大きく2つの要因とされていました。

「ニコチン」を摂取すると動脈が収縮し血流が悪くなる効果があるため、これは当然頭皮にも影響し、薄毛のポイントである毛母細胞の活動も阻害してしまうので悪影響です。

「一酸化炭素」が体内に入ることによって本来は酸素と結合するヘモグロビンが一酸化炭素と結びついてしまうためにおこる酸欠状態も同様に悪影響となります。

つまり「血液内の酸素濃度が下がる」上に、「血流そのものも下がる」という2つの効果が悪影響の相乗効果となっていたのです。

加熱式タバコは基本的に紙タバコの上位互換である

加熱式タバコを吸引している人は、紙タバコを吸っている方に比べて影響が少ないとは言えますが、それでも有害物質は0ではありませんので薄毛に影響が出てしまう人はいるでしょう。

一酸化炭素はあまり発生しませんが、ニコチンは基本的に含まれていますので当然です。

しかし今までの紙タバコに比べて「有害物質が少ない」という理由によって現時点での切り替えメリットはあるとされています。

電子タバコはどうなのか

では次に電子タバコを解説致します。

電子タバコは基本的に「香り付きの蒸気を吸っている」というだけの商品が多いため、その場合は薄毛などへの紙タバコと同じような影響はない、と言えます。

普通に日本国内のコンビニ等で買える商品であればまず「ニコチン」は含まれていません。

しかし、一部の海外製リキッドでは「ニコチン」を含むものもあるため、その場合は加熱式タバコと同じ影響が出る可能性がありますので購入の際はその点を注意してください。

 

加熱式タバコも電子タバコもまだ臨床結果が少ない

「電子タバコの場合でニコチンを含まない」のなら薄毛への影響はないと解説致しましたが、どちらにせよ、まだここ10年の間に定着した新しい文化であるため、まだ5年10年と加熱式・電子タバコを吸い続けた臨床結果が少ないため注意が必要です。

もしかすると薄毛より重篤な健康被害が起こる可能性も、今後出てくる可能性がある事は覚えておいてください。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

もし喫煙をするのなら「ニコチンが含まれていない電子タバコ」なら薄毛への影響は少ない、と考えられていますが、臨床データがまだ少ない事から薄毛以外のどのような影響が出るかはまだこれからの研究次第となっています。

また、タバコの話と切っても切れない関係として「我慢によるストレス増加」という点も見逃せない大きな影響となる人も居ます。

ストレスの度合いは人によって違い、数値化出来ないものなので比較が難しいのですが、ストレスによって髪の毛をいじってしまい、つい抜いて(抜けて)しまうという人も多いと思います。

今まで紙タバコを吸っていた人はまずは「加熱式タバコ」に変えてみて、「加熱式タバコでも大丈夫」となってから「電子タバコ」に段階的に変える事で改善するかもしれません。

頭頂部への自毛植毛について

AGA(男性型脱毛症)の方が最も悩んでいる部位は、頭頂部と前頭部です。逆に側頭部と後頭部のみが薄毛になって困っているという話はあまり聞かないと思います。後頭部と側頭部はAGAによる脱毛の影響を受けにくいからです。そのため、後頭部と側頭部の薄毛に悩んでいるということはAGA以外の症状が考えられますが、前頭部と頭頂部のみ薄毛に悩んでいる場合は高確率でAGAと思われます。突然抜け毛が増えてきたり、髪の毛が細くなっていたら注意したほうがいいでしょう。

さて、本日は頭頂部への自毛植毛についてお話します。頭頂部のボリュームが気になっている方はぜひご一読よろしくお願いします。

頭頂部への自毛植毛

頭頂部の薄毛の方は決して珍しくありません。しかし植毛の場合、前髪などに比べると自毛植毛の難易度は比較的高めです。ただ、全くできないというわけでもありません。

植毛手術に不慣れな医師であれば施術が難しい部位なので、頭頂部への自毛植毛を検討している方は専門の植毛クリニックを受診することをおすすめします。

クリニックの選び方としては、たくさんの症例があるクリニックが望ましいでしょう。

 

つむじ周辺の難易度

自毛植毛で比較的難易度が高いのはつむじの再現です。頭頂部は、他の部分に比べてかなり複雑な髪の生え方をしています。つむじを中心として放射線状に生えています。この毛の流れを再現するには、高い技術力が必要なのです。

ここをうまく形成できないと移植をしても髪にボリュームが出なかったり、寝癖のような癖がついてしまったします。そのため違和感のある仕上がりになってしまうことがままあります。

つむじの再現を希望する場合は、医師やカウンセラーに事前にその旨伝え、可能かどうか尋ねてみると良いでしょう。

 

自毛植毛の条件

自毛植毛はだれでも可能な施術ですが、髪の毛がまったくない方は手術できません。自毛植毛のためのドナーとなる髪の毛は自身の後頭部や側頭部から採取します。そのため移植元である側頭部や後頭部の髪の毛が少なければ、自毛植毛を行えないということになります。

ただ、先述しましたが、AGAの場合大方側頭部と後頭部の髪は抜け落ちないので、それほど心配しないくても大丈夫です。

AGAの原因

AGAのメカニズムを説明します。 毛乳頭の中にある酵素「5αリダクターゼⅡ型」とこれは毛細血管の血中にある男性ホルモンの一種である「テストステロン」がしっかり結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

さらにここから生成されたDHTが毛乳頭の「男性ホルモンレセプター(受容体)」としっかり結合すると、遺伝子に作用し、発毛を抑制する遺伝子「TGF-β1」が生成。発毛抑制成分であるTGF-β1が、毛乳頭に作用することによりヘアサイクルを乱します。

ヘアサイクルは、正常であれば休止期、成長期、退行期を2~6年の周期で繰り返します。毛髪は成長期の間に太く、長く成長します。ところが、TGF-β1が作用すると成長期が正常時より短くなり、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。

そのため、毛髪密度が徐々にかなり低下し、薄毛の症状が現れます。AGAの原因は、男性ホルモンではありません。「5αリダクターゼⅡ型」と「テストステロン」が結合してできたDHTの濃度により、発症するのです。

自毛植毛とは

「自毛植毛」は、薄毛が進行している部分(前頭部・頭頂部)に自分の後頭部から採取した毛髪を植え込んでいく薄毛治療です。

合成繊維(ナイロン・ポリエステル)による毛髪を植え込む「人工毛植毛」とは違い、拒否反応が起こりづらく、一度の手術で、長期間髪の毛が生え続けるのが、自毛植毛の大きな特長です。

薄毛と歯周病

「薄毛と歯周病に何の関係が?」と思った方は多いと思います。

頭部と口。一見何も関係がないように見えます。共通点があるとすればどちらも比較的加齢により悪化するということでしょうか。

しかし、薄毛の方全員に当てはまる訳ではありませんが、歯周病関係の薄毛もまったくないというわけではないのです。

今回は薄毛と歯周病の関係等についてご説明致します。

 

歯周病とは

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりしますが痛みはほとんどの場合ありません。

さらに進行すると膿がでたり歯が動揺してきて、最後には歯を抜かなければならなくなってしまいます。

出典 https://www.jacp.net/perio/about/

口の中には約400~700種類の細菌が住んでいると言われています。歯磨きを怠ったり、過剰に砂糖を取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、これが歯の表面にくっつきます。歯垢(プラーク)と言います。この歯垢には1mgの中に約10億個の細菌が住みついていると言われます。歯周病や虫歯を引き起こします。

歯垢の中の細菌は歯肉に炎症をひき起こします。そして歯を支えている骨を溶かしていき、歯を失う原因になります。

歯垢は歯石と言われる物質に変化します。これは歯の表面に付着。ブラッシングだけでは決して取り除くことはできません。この歯石の中や周囲に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

 

薄毛と歯周病の関係

薄毛は、遺伝の影響が大きいと言われています。では薄毛と歯周病は関係ない?とり思われがちですが、実は口内環境と薄毛は切っても切れない縁があります。

歯周病菌が分泌する物質に、エンドキシンがあります。エンドキシンは血液に入ると、血流が悪くなり、血流が詰まる原因になります。起こる部位により、誘発される病気は変わります。しかしこれが頭皮に届き血流が悪化すると、必要な栄養が不足し薄毛を引き起こすといわれます。

 

口内疾患は薄毛だけでなく、心筋梗塞や動脈硬化などにも密接に関係

もちろん、男性に多いAGA(男性型脱毛症)は歯周病菌とは関係がないと言われています。しかし薄毛にも様々な種類があります。自分の薄毛タイプを決めつけるのではなく、一度クリニックを受診することをおすすめします。

薄毛ケアもしている。生活習慣やストレスも溜めないように気を付けている。それなのに、薄毛が気になる。ただ口内環境には自信がない。このようなタイプの人は、できるだけ早めに歯科を受診したほうがいいでしょう。

歯周病になり進行すると、歯磨きだけでは治すことは困難になります。
口内疾患は薄毛だけでなく、心筋梗塞や動脈硬化などにも密接に関係していると言われています。
体の健康をしっかりと維持することは、髪の毛の健康にもつながります。

歯周病と糖尿病

エンドキシンが肝臓や脂肪組織に作用することで、インスリンの働きを抑える「TNF-α」という物質を非常に多く分泌します。この物質の働きからインスリンが働かなくなります。そのため糖尿病のリスクが上がると言われているのです。
糖尿病になると体内で糖化反応が起こり、血流も滞ります。こちらも薄毛の大きな原因と言われています。

 

 

薄毛と歯周病の関係等についてご説明致しました。口内環境に不安がある方は、薄毛治療と平行して歯科治療も検討してみましょう。

 

自分の毛髪が生え続けます

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。

動物性脂肪は摂らない方がいいのか

動物性脂肪を摂り過ぎることでと薄毛につながる可能性があります。摂りすぎることでとコレステロール値などが上昇し、頭頂部等に栄養が十分に行かないことが想定されるからです。

過剰な摂取に気をつけてほしいはもちろんですが、生活習慣全体を見直していく事も大切です。しかしこれが本当に薄毛の原因なのかというところは、実のところ判断は素人ではかなり難しいものです。

今回は動物性脂肪は積極的に摂らない方がいいのかについてご説明致します。

 

動物性脂肪とは

動物に含まれる脂肪で、身体活動の大きなエネルギー源となります。肉類、ラード、牛乳や乳製品のほか、ケーキ、チョコレート、アイスクリームといったバターや乳脂肪を使った洋菓子類などに多く含まれています。コレステロールや中性脂肪を増やし、動脈硬化を促進させる危険性が高いといわれる飽和脂肪酸を多く含んでいるため、適量摂取を心がけることが重要です。

出典 https://kekkan-kenko.com/word/word41/

動物性脂肪の問題は飽和脂肪酸を多く含んでいることです。植物性脂肪と比較してみます。一般に融点が高く、常温で液体である多くの植物油とは異なり、動物性脂肪は常温で固体となりやすいという特徴があるのです。

ただ動物性脂肪組成を変化する試みは行われています。魚油を添加した餌を与えた鶏の卵の場合は心疾患のリスク減となるとされるω-3脂肪酸の比率は増えます。生産方法を変えることで、動物性脂肪の中の脂肪組成は変化します。飽和脂肪酸の供給源残りはショートニングやマーガリンなどが多くを占めます。これは、トランス脂肪酸として言及され対策が取られてきたものですので、ご存じの方も多いでしょう。

 

栄養がいかなくなる

実は頭頂部は人体の中でも栄養が届きにくい部分です。そのため、そこに生える髪向けの栄養も不足することがあります。頭頂部の薄毛が進行する理由は栄養が届きにくいからなのです。そして動物性脂質の摂りすぎはコレステロール値を高めます。これにより血液を流れ辛くするのです。

たんぱく質は髪の毛を作るための重要な成分です。脂肪の摂りすぎは健康面に悪影響を与えるだけではなく、育毛にも良くない影響を与えていると言えます。

 

制限しすぎるのは問題

しかしここで一つ問題が浮かび上がります。髪はタンパク質で作られています。肉などには、実はこのたんぱく質が非常に豊富に含まれています。

そのためまったく肉を食べないというのも、積極的に勧められることではありません。。たんぱく質を一切とらなければ、材料の不足でさらに髪が生えなくなる可能性があります。

そのため、肉を食べすぎるのではなく、魚や植物性たんぱく質で栄養をしっかり補うのがポイントです。魚の油に含まれるEPAにはコレステロール値を調整し、血液をサラサラにする効果が期待できるのです。

 

自身の後頭部・側頭部から毛を採取し、薄毛部分に植える植毛法

自毛植毛は主に悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンなどの影響を受けにくい自身の後頭部・側頭部から毛を採取し、薄毛部分に植える植毛法です。

一度生着すると、自分の髪が半永久的に何度でも生え変わります。これまでのように、月1回のペースで床屋に行くことも可能であるのはもちろんのこと、染髪やパーマも可能です。基本的には、これらを行ったからといって、薄毛になることはありません。ただし、過度な頻度で行ったり、体質的に問題がある場合はこの限りではありません。

薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

生えそろうまでには半年~1年ほど見た方がいいでしょう。

薄毛の前兆

薄毛の前兆をご存じでしょうか。薄毛はある日突然すべての毛が抜け落ちてしまう訳ではありません。程度の差はありますが、少なからず大量に抜ける前には前兆のようなものがあります。

薄毛の前兆を知るということは早期発見にも繋がります。ほとんどの症状や病気がそうであるように、薄毛も早期発見するに越したことはありません。

今回は薄毛の前兆についてご説明致します。

 

髪が細くなる

薄毛の方の割合でもっとも多いのがAGA(男性型脱毛症)。名前だけは聞いたことのある方も多いと思われます。

素人目に見ても髪が明らかに細くなってきたのを感じたら、まずはAGAを疑ってみましょう。髪が細くなるということは髪の毛が成長しきっていないことを意味します。これを放置すると髪がどんどん細くなり、成長しきれず脱毛。薄毛となります。

 

毛にハリがない

健康な髪であれば上から手で押さえてもすぐに元に戻ります。しかし弱っているとそのままの状態になってしまうのです。 髪質とは無関係なので誰でもチェックできます。寝ぐせがここ最近まったく気にならなくなったという方は、黄色信号かもしれません。

櫛通りが違う

ブラッシングをすると必ず髪の毛が数本抜けます。 もし櫛を通すときに何度やってもまったく痛みを感じないようならば、髪は弱ってきています。 ごわついたりして逆に絡んでしまう場合は、毛根から栄養がうまく伝わっていないということだと思われます。

 

フケが増えた

フケは頭皮が角質化したものです。必ず発生してしまうものであるため一切無くすということは不可能です。しかし、フケの量が急に増えた場合、それはフケではなく皮脂が固まったものである可能性があります。

過剰分泌されたフケは毛穴をしっかりと洗わないと頭皮を炎症させ薄毛の原因になることもあります。

 

根本の状態

抜けた髪の根元に注目してみてください。 正常な抜け毛は根元が丸みを帯び白くなっています。丸みがほとんどない場合は髪が成長しないまま、抜けたということになります。

根本が黒くなっている場合は、老廃物が溜まっている可能性があります。

色素について

ストレスや喫煙が原因で毛細血管が詰まったり収縮したりする可能性があります。髪が栄養不足の状態になるとツヤが無くなります。色素もかなり薄くなって細くなってしまいます。

逆に頭皮の毛細血管から栄養がしっかり行き届いている髪は艶があり、黒々としているのです。

これら薄毛の前兆が見られる場合は、自毛植毛を含め薄毛治療を検討しましょう。

ダウンタイムもほとんどありません

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤は「毛を育てる」役割をするもので、頭髪を生やすのではなく、髪を育てる手助けをする製品のことです。

頭髪が抜け落ちた毛根から新たに発毛させる効果が認められるわけではないことはご存じでしたでしょうか。

育毛と発毛。これは初めて見る方にとっては非常にややこしいものです。しかし、効果が違っている薬を使い続けても髪が増えるわけではないため、ここでしっかりと理解しましょう。

今回はAGAは育毛剤だけで対処できるかについて詳しく解説致します。

 

育毛剤は医薬品ではない

育毛剤のほぼすべてが医薬部外品です。医薬品ほどではありませんが、人体に何らかの改善効果をもたらす成分が含まれているものを指します。

医薬部外品は、小売販売では特段の許可制度は定められていません。つまり薬剤師や登録販売者がいない店舗でも販売してます。 発毛剤のミノキシジルは医薬品ですので、当然ですが医薬部外品の育毛剤には入っていません。 しかしその代わりではないですが、天然由来の育毛が期待できる成分を配合している商品が多いです。

厚生労働省が毛髪用剤として正式に発毛効果を認めた医薬成分である「ミノキシジル」を配合した薬は、発毛剤を名乗れます。つまり、発毛剤以外の育毛剤系の製品では、「毛が生えてくる」ことを明言してはいけないのです。

育毛剤ではなく、発毛促進剤とする製品もあります。こちらも毛を生やす効果が厚生労働省から正式に認められているものではありません。つまり育毛剤と同じカテゴリーであると言えます。 「発毛を促進する(効果があるかもしれない薬)剤」と考えておくのが妥当です。

 

育毛剤は頭髪を育てる

ここまでで分かって頂けたかと思いますが、育毛剤は毛髪を生やす薬ではなく、使用することで今生えている毛を太く、丈夫に育て、抜けにくくする効果を期待するものです。 薄毛に悩んでいる人にとってはこれも効果があると言えます。

既存の頭髪を強く育てると頭髪全体をボリュームアップさせることができ、地肌が見える割合が少なくなるため、薄毛が気にならなくなる効果もあるからです。しかし 医薬部外品でも副作用的な症状がまったく無いではないので、注意が必要です。

AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤だけでAGAを改善するのは困難でしょう。AGAは悪玉男性ホルモンに対するレセプターの感受性などが原因で髪が細くなり、抜けてしまうものです。

これについて育毛剤だけでは明確な解決とはなり得ません。ミノキシジルやフィナステリドなども医師の助言の元使用しつつ、自毛植毛手術をするというのが良いでしょう。

 

自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありませ

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

髪の毛が生えそろうまでには半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には生え揃うでしょう。

パーマをかけると抜け毛が増える?

パーマをかけると、掛け方にもよりますが薄毛が目立たなくなることがあります。

しかし、多くの方が心配するのはパーマをかけることで逆に抜け毛が増え、薄毛が悪化するのではないかということです。
一般的には、パーマ剤は髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、薄毛の原因になると言われていますが、どうなのでしょうか。

今回はパーマをかけると抜け毛が増える?についてご説明します。

パーマで薄毛になるか

パーマを一度行っただけでは、頭皮や薄毛に深刻な影響を及ぼすなどのダメージにはならないと言われています。しかしこれはヘアスタイルを維持するために何回もパーマを繰り返している場合は別です。

何度も度重なるダメージで頭皮が弱り、それが薄毛につながってしまうこともないとはいえません。皮膚の弱い人は、パーマをかけると頭皮に炎症が起きる危険性もあります。
炎症が原因で毛穴が塞がったり頭皮が傷ついたりすることもないとはいえず、それで抜け毛が増えてしまうケースもあるので、注意は必要です。

しかし、このようなケースもある一方、パーマをかけても薄毛が進行しないケースもあります。つまりこれは一概に言えず、自分の薄毛症状などによって大きな違いがあるため、個人差を考えなければなりません。

一般的には、パーマが原因で薄毛になることはないとは言われていますが、既に起こっている薄毛症状を悪化させる可能性はゼロとまでは言えないので、ほどほどに楽しむのが良いと思われます。

 

パーマ剤のダメージについて

人間の頭皮は肌の健康を保つため弱酸性に保たれています。しかしパーマ剤はアルカリ性です。

パーマ液には2つの薬剤があり、1つ目は髪の毛の成分であるケラチンの中の「シスチン」というアミノ酸を分解する効果があります。2つ目の薬剤は分解されたシスチンを再び結びつける働きを持っています。

パーマの仕組みは、このような化学反応で髪の質を変えてしまうことです。パーマ剤の成分はかなり刺激が強く、頭皮にも浸透しやすいことも見過ごせません。髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも多いと言われています。

しかし、何度も言いますがパーマをかけたら絶対薄毛になるという訳ではないのです。

頭皮ケアの重要性

パーマは必ずしもだめという訳ではありません。しかし比較的強い薬剤を使用するので、パーマの頻度が多いほど薄毛のリスクは高まります。
パーマをかけるときは頭皮のダメージを極力防ぐために、ケアを行うことが重要です。

パーマ後の髪はぬるま湯のみで、指の腹で優しく洗うなど、なるべく刺激を与えないようにするのが良いでしょう。それから洗浄力が強いシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい成分のものを使うと良いです。

 

毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます

自毛植毛は主に悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンなどの影響を受けにくい自身の後頭部・側頭部から毛を採取し、薄毛部分に植える植毛法です。

一度生着すると、自分の髪が半永久的に何度でも生え変わります。これまでのように、月1回のペースで床屋に行くことも可能であるのはもちろんのこと、染髪やパーマも可能です。基本的には、これらを行ったからといって、薄毛になることはありません。ただし、過度な頻度で行ったり、体質的に問題がある場合はこの限りではありません。

薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

生えそろうまでには半年~1年ほど見た方がいいでしょう。

 

固形せっけんで髪を洗ってもいい?

今回は固形石鹸のお話になります。男性の中には、頭を洗うのも、体を洗うのも固形石鹸一択にしているという方は意外と多いでしょう。

固形石鹸を使って髪を洗うことは特段問題ないようにも思えます。もちろん固形石鹸が原因で薄毛になるなど、信じられませんよね。今回は固形せっけんと薄毛の関係について、ご説明いたします。

ちなみに今回ここで取り上げるのは、洗髪専用の固形石鹸ではなく、一般的な体を洗う安価な石鹸です。

固形石鹸は勧められない

実は固形石鹸はシャンプーに比べて、洗浄力が高いと言われています。しかし頭皮がすっきりとしたような感じを受けますが、実はそれは洗いすぎの状態なのです。

洗浄力が高いということは皮脂をきれいに洗い流してくれるということ。実はこれ。いいことではありません。固形石鹸では髪や頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうということだからです。

皮脂が不足すると頭皮は乾燥しがちになります。この頭皮は乾燥を補うために、皮脂を過剰分泌してしまいます。すっきりするどころか逆にべたつきが気になるようになります。そして皮脂の過剰分泌が毛穴詰まりの原因にもなり、抜け毛にも繋がってしまうのです。

 

髪の毛が痛む

髪の毛の成分は弱酸性です。しかし固形石鹸はほとんどがアルカリ性。つまり髪の毛が傷つくことを意味します。

キューティクルが傷ついていくと髪はどうなるのか。ハリがなくパサつきやすい髪の毛になっていきます。

固形石鹸を使いたい方へ

固形石鹼は適当に選ぶことだけは控えるべきです。そのため適当なものではなく、シャンプー用の固形石鹸を使用しましょう。

おすすめはアミノ酸系です。洗浄力は弱いのですが、洗いすぎることがないので、頭皮を防御することにつながります。

また念入りにすすぎをすることを忘れないで下さい。シャンプーをしっかりと洗い流さない人がいますが、やめましょう。シャンプーの成分を頭皮に残したままにしても、悪いことはあれ、いいことは一つもありません。

固形石鹸のシャンプー使用後は、もちろんリンスやトリートメントでケアしましょう。

男性の中にはリンスやトリートメントの使用を過度に嫌がる方が一部いらっしゃいます。もちろんそれは個人の好みではありますが、女性的で使いたくない、買うのが恥ずかしいという方が多いようです。しかしながら、これらは頭皮を保護することにつながるので、拒否反応を示すことなく、積極的に使っていきましょう。

施術から1週間ほどで移植毛が生着

毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

 

育毛ケアの効果が出ない原因は?

年をとれば誰でも発毛の機能が衰えます。髪の毛全体もボリュームが失われます。しかし近ごろは20、30代でも薄毛に悩む人が増えているようです。

そして薄毛に悩む方は様々な育毛ケアを行っているものの目立った効果がでないと悩んでいる方も多いと聞きます。

今回は育毛ケアの効果が出ない原因についてご説明いたします。

間違った育毛ケア

まず知って頂きたいのは育毛ケアを行うことで誰でも髪の毛が元のようにフサフサになるということはないということです。自分に適した育毛ケアを行えば、現状より改善する見込みはありますが、それも絶対ではありません。

よく聞く間違いですが、自分の薄毛症状と関係のない育毛ケアをしているケースです。例えば、遺伝が原因と言われているAGAの患者さんがストレス性の薄毛のケアをしてもあまり効果はありません。逆も然りで、ストレス性や栄養不足などに起因する薄毛のケア方法はそれぞれ別なのです。

まずストレス性の円形脱毛症などの薄毛は、ストレスとなる原因が取り除かれることで、再び髪が生えてきます。栄養不足についても栄養を適切に摂取できるようになると髪の毛が戻るケースはあるのです。

このケースの薄毛はある日突然始まるものではなく、小さな原因が積み重なり進行するものです。原因を1つずつ取り除き改善していくには、それなりの時間がかかります。

薄い毛は頭皮に毛母細胞が存在しているなら、治る可能性がないとはいえません。
薄毛が改善しない期間が長引いたとしてもあきらめずに、根気よく育毛に取り組むことが大事です。

AGAと育毛ケア

しかし、AGAは別で遺伝性と言われているため、放っておけばどんどん進行する薄毛です。薬剤などを使った治療を始めると薄毛改善が見られるケースもありますが、半年程治療を続けても良い効果が得られない場合もあります。

AGAの治療でおすすめなのが、自毛植毛とミノキシジルなどの薬剤の併用です。一度大きく薄毛が進行してしまうと、薬だけで元のボリュームに戻すのは困難となります。そのために検討してほしいのが自毛植毛です。

自毛植毛は髪の毛が薄くなった頭皮にも採取した自分の後頭部などの毛を植え付けていく方法です。手術になるので選択することに勇気が持てない人もいます。しかし局所麻酔で痛みもほぼなく行えるため、選択肢として多くの方に選ばれるようになってきました。

まずは元の髪に使い状態のボリュームに自毛植毛で戻し、そこからミノキシジルなどをつかい、AGAの進行を遅らせることが良いのではないかと思われます。

 

十分な長さに生え揃うでしょう

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。

ビタミンCは薄毛に効くのか

ビタミンCは私たちにとって身近な栄養素です。一般的にはレモンに含まれていることで知られていますが、ビタミンCが含まれている食材は膨大にあり、私たちは常にそれを摂取しています。

最近はビタミンCを手軽に取れるようにサプリメントなども多く見かけるようになりました。しかし、実際にビタミンCが何に役に立っているのかというと多くの人が知らなかったりします。

また、そもそもこのビタミンCは薄毛改善にも効果があるのでしょうか。
今回はビタミンCと薄毛の関係性についてご説明致します。

 

ビタミンCとは

アスコルビン酸とも呼ばれるビタミンCは、体内の酸化還元反応に広く関わるほかに、コラーゲンの生成、植物性食品からの鉄の吸収を助ける働きをしています。調理による加熱に弱く、光や空気に影響を受けやすいのが特徴です。なおかつ、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンです。

消化管で吸収されたビタミンCは全身に運ばれ、吸収されなかった分は尿として排泄されます。ビタミンCは、多くの生き物が体内で生成することができますが、ヒトや一部の動物の体のなかでは生成できません。そのため、食品から摂取する必要があるのです。

日本人の食事摂取基準(2015年版)を見ると、ビタミンCは15歳以上で1日に100mgの摂取が推奨されています。1日の摂取目安は年齢別で異なりますが、性別で差はありません。また、余分に摂取しても排泄されるため、上限摂取量は設定されていません。体内に貯蔵されているビタミンCもあるため、摂取量が少ないからといってすぐに不足するわけではありませんが、欠乏状態にならないように心がける必要があります。

出典 https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=180&category=health

ビタミンCと毛髪

体に必要な栄養で特にビタミンCが不足すると、新陳代謝や細胞の働きが鈍くなり、これが肌や血管の生成に大きな影響が出ることが知られています。

そしてこれら毛細血管には頭皮に栄養をきちんと送る役目があります。ビタミンCが過剰に不足し、毛細血管の流れが悪くなるとことで髪の成長を妨げてしまうのです。またビタミンCには疲労回復効果があるので積極的に摂取することで、疲労やストレスが原因の血流の悪化をきちんと防いでくれます。 毎日しっかりとビタミンCを摂取しましょう。

逆にビタミンcが不足すると髪がしっかりと成長しないということなので、薄毛につながることがあるといえます。

ビタミンCの接種方法

成人の男女が一日に必要なビタミンCの摂取量は約100mlと言われています。特に ビタミンCが多く含まれる野菜を積極的に取りましょう。柿、アセロラ、ブロッコリー、ゴーヤ、ピーマンなどです。

必要量は食事で摂れます。これだけで薄毛が改善するかは分かりませんが、髪の生育に欠かせない大事な栄養素ではありますので積極的に摂取しましょう。

再び自分の髪の毛となります

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。