投稿者「アスク井上クリニック」のアーカイブ

アスク井上クリニック について

・ドクターについて

薄毛治療は早いほうがいい理由

本人も気づかないスピードで薄毛は進行していきます。そして多くの方が早めに治療しなかったことに多かれ少なかれ後悔いたします。そして薄毛治療もすっかり進んでしまった後では、進行前と比べると対策するために時間も費用もかかります。

薄毛治療が遅くなった場合

薄毛の症状にもよりますが、薄毛の治療が遅くて得をするということはほとんどないといっていいでしょう。自毛植毛であれば、自分の髪の毛のドナーがその分減ってしまい、必要十分な量の植毛ができなくなる恐れがあります。

投薬治療でも、薄毛が進行しきってから始めるのと、そうでないのとでは雲泥の差があります。だけがどうみても薄毛という状態になってから治療を行っても、自分が満足する量まで回復することが困難となるからです。

時期が大事

かといって薄毛治療の時期が早い方がいいにこしたことはありませんが、薄毛が始まる前から薄毛治療をしたほうがいいかというと必ずしもそうとはいえません。早すぎても良いとはいえないのです。何故かというと仮に自分の父親が薄毛だったとして、必ずしも自分自身が薄毛になるとは年月が経たなければ確実には分からないからです。

薄毛ではないのに薄毛治療の投薬治療などをはじめてしまうと、必要以上に心臓や血管に悪影響を与えてしまうということも考えられます。もちろん、薄毛治療が確実に心臓や血管にダメージを与えるという話ではありません。薬にはほぼ全て副作用があり、可能性は高くはありませんが薄毛ではないのに薬を服用することで副作用が発症してしまうと困りものです。

かといって先述したように遅すぎるのも困ります。遅いことで考えられることは、具体的には、効果が出ても薄毛改善を実感しにくいことと、費用が多く掛かることなどです。髪の毛がほぼななるまで薄毛を放置し、そこから薄毛治療をした場合、自分が満足するレベルまで改善するかどうかは未知数ですし、仮に改善するまでの時間もかかります。

そのため、遅すぎず早すぎず、薄毛になってきたなと自覚した段階で薄毛治療を始めるのが良いタイミングといえるでしょう。

 

髪の細胞について

髪の毛は毛母細胞といって、毛乳頭周辺にある細胞組織が分裂すると作られます。そして人間の細胞が分裂できる回数は40回ほどと決まっています。 毛母細胞は細胞分裂を終えると、そのまま寿命を迎えます。つまり分裂を行わなくなるため頭皮から頭髪が生えなくなってしまいます。

この回数を少ない。そう感じるかもしれません。けれどもヘアサイクルの周期は大体2年から6年。どんなに短くても毛母細胞が80年は持つことになります。 AGAを発症している男性のヘアサイクルはなんとひどいと半年ととても短い期間になってしまいます。細胞分裂できる回数が40回だと仮定すると、たった20年で寿命を迎えることになってしまうのです。 そのため、毛母細胞の分裂できる残り回数が多いときに薄毛治療を始めた方が良いとされています。

 

自毛植毛のクリニック選びのポイント

カウセリング時にどういう術式なのか、なぜそのような方法を採用されているのかについて知っておくと良いでしょう。わからないことは質問しましょう。その質問に真摯に対応しないクリニックは、施術を任せないほうがよいかもしれません、
自毛植毛は技術力によって大きな差が生まれます。安価な治療でもないので信頼できるクリニックを見極めたいところです。おすすめは症例をきちんと見せてくれるかというポイントを見ることです。自身が受けたい手術と似たようなことをやっていて実績のあるクリニックであればそれなりに安心できると思います。
とにもかくにも、質問に真摯に答えてくれる、説明が明確で丁寧なクリニックを選ぶという医療機関選びの基本を抑えておくと、比較的希望する結果を得られやすくなるように感じます。

 

まとめ

薄毛治療はいつでも始めることができます。しかしいつまでも後回しにしていいわけではありません。自分の薄毛状態を見極めながら、症状が悪化する前に自毛植毛クリニック等にご相談しましょう。財布事情を考慮したおすすめの術式や、手術の価格などのおおよその見積も出してくれます。
多くのクリニックは電話での相談も受け付けていますので、まずはご連絡してみるのも良いかと思います。

薄毛でも洗髪は大事な理由

薄毛が進行してくると、自分の容姿に対して手入れを怠る人が増えてきます。特に髪が少なくなったことから髪の洗い方が雑になる人が多いのですが、その習慣を維持してもよろしいのでしょうか。

髪が長い方、つまり女性の方ほどリンスのほかにトリートメントをするなど、髪のケアを重視している方が多いと思います。対して髪を短くしがちな男性は人によってはシャンプーすらせず、水で洗うだけでいいという方も、極端ですがいらっしゃるのも事実です。

薄毛になると髪のケアを怠る理由としては、色々なものが考えられますが、偏に、面倒くさくなったというのが多い理由かと思われます。髪のケアはそれ自体は大変なことではありませんが、継続して毎日行うとなると、これはなかなか面倒です。自分の中である程度確固たる信念や理由づけができていなければ、続けていくことは困難です。

しかし薄毛になったからといって、洗髪を簡略化したり、怠ってもいいのでしょうか。こちらを説明していきます。

洗髪は大切

まずはじめに、洗髪は決して怠っていいものではありません。これは薄毛だから、薄毛でないからという理由で決めていいものではありません。薄毛であっても残っている髪の毛はしっかりと洗って汚れを落とし、できる限りトリートメントなどを使用しケアすることが求められます。ただ男性の方であればケアは絶対にしなければならないかというとそういうわけでもありません。男性の方は女性と比べて髪の毛が短くされる方が多いので、傷んだ髪の毛も比較的早いサイクルで切ることになります。

そのためケアをしすぎる必要はありませんが、最低限髪の毛をシャンプーで洗うことは必須ということになります。

シャンプーの手順

はじめにブラッシングを丁寧に行いましょう。髪にこびりついたほこりやごみをしっかりと取り除きます。 皮脂の汚れを浮かせて、落ちやすくするためです。 髪が濡れた状態でブラッシングをすると、髪の毛が傷んでしまうので行わないようにしましょう。

実は頭皮の汚れは、ぬるま湯で流すだけで大半が落ちると言われます。 ある程度落とすとシャンプーがなじみやすくなるのです。

シャンプーをそのまま髪の毛に乗せるという行為は頭皮に負担となっています。必ず手で泡だててからしっかり髪の毛に乗せるようにしましょう。そして 髪の毛だけでなく、頭皮も生え際からこめかみ、頭のてっぺん、耳の後ろまで丁寧に洗いましょう。 なるべく指の腹で優しく洗うことが大切です。

丁寧に洗う

頭全体を洗い終わると、シャンプーが残らないよう丁寧に流します。 すすぎ残しがあるとだめな理由は、シャンプーの成分が毛穴に入り込み、毛穴を詰まらせることもありうるからです。これは血行不良や皮脂の過剰分泌の原因になります。すすぎは入念に行いましょう。

トリートメントも大切です。 毛先にトリートメントをつけ、全体になじませます。 もちろんすすぎはしっかり行いましょう。

ドライヤーの使い方

しっかりタオルドライをしてなるべく早くドライヤーをかけます。なぜかというと自然乾燥では髪の毛の水分も一緒に蒸発してしまいます。つまりパサつきがかなり気になりやすくなるのです。 髪の毛がかなり短い人も、当然ですがドライヤーをしっかり当てるようにするべきです。 頭から10cmから15cmほど離れたところからちゃんと当てます。そして髪の毛があまり熱くなりすぎないようにします。 最後に冷風を当てましょう。

まとめ

薄毛の方でも髪をきちんと洗う必要がある理由が分かったと思います。ケアをしすぎる必要はありませんが、最低限シャンプーでしっかり洗いケアするようにしましょう。それをするとしないとでは大きな差になります。

頭髪の生育にあまり良くない食べ物

薄毛が気になるという方の中でも食生活を疎かにしているタイプの方がいます。確かに食生活が褒められるべきものではないからといって直ちに薄毛になるということはあまりありません。しかし、適当な食生活が常態化し、栄養がしっかりと頭皮に運ばれていないとなると栄養不足が原因の薄毛になりかねません。

それだけではありません。栄養をきちんと接種していないと頭髪の生育にも影響が出てしまいます。

頭髪に良いものばかりを食べたから薄毛にならないかというと、そういうことはありませんが、栄養価の高い食べ物を食べる習慣は普段から意識しておくべきだと思います。バランスの良い栄養をとると、骨を丈夫にする、肌にはりが出るなどはもちろん、髪をきちんと成長させ、濃く太くすることにつながります。

頭髪に良い食べ物、あまりすすめられない食べ物などをご説明します。

頭髪の生育について

髪は、1日に約0.3ミリ、1カ月で約1センチ、1年で約15センチ、約4~6年間伸びます。

髪はずっと伸び続けるのではなく、一定の期間を経ると自然に抜け落ち、抜け落ちたところからまた新しい髪が生えます。1本の毛髪が成長しはじめてから抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルといいます。

https://www.kao.com/jp/haircare/hair/1-2/

人の髪は1本ずつヘアサイクルの期間が異なります。つまり髪の生育に悪いものを食べたからといって、すぐさま薄毛になるということは考えにくいでしょう。しかしこれはボディーブローのように徐々に自分の頭髪に悪影響を与えるということは知っておくべきでしょう。

また髪が抜ける=不摂生ではありません。髪には休止期があり、誰でも髪が自然に抜け落ちるときがあるのです。

 

 

頭髪に良くない食べ物

頭髪によくない食べ物は確かにあります。代表的なものは油っこい食べ物です。つまり揚げ物が好きでよく食べている人は要注意です。それはなぜでしょうか。 油は代謝を下げるだけでなく、毛穴の厄介な詰まりの原因にもなります。

そしてもちろん糖分の摂りすぎも禁物。 毛髪への栄養供給が鈍くなるからです。また栄養バランスが悪いとされているジャンクやファストフード、そして炭酸飲料やアルコールなども控えるようにしましょう。髪の毛に悪い食べ物を食べ続けていると、髪だけでなく体のいたるところから異常をきたす可能性があります。 しっかり髪の毛に良い食べ物を積極的に摂り、髪の毛に悪い食べ物はなるべく避けることを心がけましょう。

頭髪に良いといわれている食べ物

頭髪にいい食べものを食べたから薄毛が改善するわけではありませんが、一般的に頭髪や頭皮に良いと言われている食べ物もご紹介します。

髪の毛の主な成分はたんぱく質です。このたんぱく質を多く含む食べ物が、健康な髪を育てる、このことに役立ちます。 肉や魚もかなりたんぱく質を多く含んでいます。しかし薄毛の方の場合は動物性のたんぱく質よりも植物性のたんぱく質がおすすめです。 特に大豆製品は抜け毛対策になり、たんぱく質を多く含む食品です。ミネラル類も大切で海藻類も摂りましょう。とてもバランスのいい食材なので、こちらも積極的に食事に取り入れて損はないでしょう。

大豆製品の中でも豆腐や豆乳はもちろんですが、特に納豆はおすすめです。納豆には大豆イソフラボンのほかに亜鉛も含まれています。 亜鉛も薄毛の原因となる酵素5αリダクターゼを抑制するのではないかと言われています。亜鉛はカキやしじみ、ゴマ、チーズにも多く含まれています。

緑茶に含まれる「カテキン」も5αリダクターゼの抑制に効果的と言われています。ビタミンCは毛包幹細胞を維持するコラーゲンの生成をサポートすると言われています。そして老化の原因となる活性酸素から細胞や組織を守る抗酸化作用があるとも。ビタミンCの効果を高めるため、ビタミンEと併せて摂取しましょう。ビタミンEは活性酸素から体を守る働きがあると言われています。さらに毛細血管を広げて血流を改善する効果も期待できます。髪の毛の生成に必要な栄養が頭皮まで行き届きやすくなるようサポートする働きがあります。

まとめ

繰り返しになりますが、必ずしも頭髪に悪い食べ物を食べたからといって、薄毛になるとはいえません。しかし人によってはそれが薄毛になったことと無縁ではなかったという人もいます。薄毛の有無にかかわらず、不摂生は体を壊すことに直接的につながります。

薄毛に効くなどのうたい文句を過度に過信せず、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

 

 

薄毛と運動不足

運動は健康に良いと言われ、多くの人が時間を見つけては運動に励んでいます。特に今年は東京オリンピックが開催されていますので、コロナ禍ではありますが多くの人が運動に関心を持っております。日本は大会途中の現在でも過去最多の金メダル数を獲得しており、金メダル2つも獲った新種目のスケートボードなどをはじめ、国民の運動に対する関心がさらに高まると予想されます。

しかしこれに待ったをかけているのは新型コロナウイルスです。政府はウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都などの大都市を中心に4度目の緊急事態宣言を発令しました。宣言発令と同時に国民には広く不要不急の外出を促しています。企業には積極的なテレワーク実施も求めています。しかしながら医療機関はもちろん、対面が必要な職種は一部は可能としても全業務をテレワークに移行することはできません。ただ、当院もそうですが、多くのクリニック、企業は感染防止対策を徹底しています。街中を見渡していてもほとんどの人がマスクを着用しており、国民としてはやれるだけの感染防止対策は既に行っているという人が多いと思います。

それでもコロナ禍が終わる気配が見えません。これはインドで流行ったデルタ株と呼ばれている新型コロナウイルスの影響と言われています。これでは自由に外に出て運動に励むというのは難しい状況です。

多くの方が運動不足に陥っています。薄毛と運動不足も関係あるのでしょうか。こちらについてご説明致します。

運動不足について

運動不足であると体力や全身持久力が低下し、身体活動量が減少します。身体活動量の減少はさらに体力や全身持久力の低下、筋力や筋持久力の低下も招きます。

筋力が低下すると立つ、歩くなどの移動能力が低下し、仕事や家事に励む、外出や趣味を楽しむなどの活動機会が減少して生活の質が低下します。家に閉じこもりがちとなると気持ち的にもふさぎ込みやすくなります。

運動不足は、耐糖能異常、脂質異常、高血圧、肥満などの生活習慣病の発症リスクを増大させ、心筋梗塞や脳卒中などの命の危険のある疾患にもかかりやすくなり、死亡リスクをも増大させます。

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/kenkou-undou/undou-sibou.html

このように運動は健康にとても大切なことが分かります。運動をすることがメリットになるというより、しないことがデメリットになると考えたほうが良さそうです。

特別な理由がある場合を除いて、人類はみな運動することが推奨されていると考えてもいいと思います。

運動と薄毛について

しかし運動と薄毛は密接に関わっているかというと、それを決めつけることはできません。分かりやすくご説明すると、運動不足により薄毛を悪化させる人もいれば、特に関係なく薄毛が進行していく人もいるというのが丁寧な説明となります。

CTEのようにストレス等が原因と言われている薄毛はその根本的原因が解消されると薄毛が改善することがあります。この場合、運動をし心身ともにすっきりさせることで、リラックス効果を得ることができます。

運動をすることで、人によりますが肥満も、ほとんどの人は解消に向かうと思われます。

 

効果的な運動について

こちらも個人差がありますが、普段から運動習慣がない方は、筋力トレーニングなどの無酸素運動より有酸素運動から取り掛かることが推奨されます。

有酸素運動は新陳代謝を上げ血行を促進し、脂肪を効率良く燃やす効果があります。いきなり10キロ走るなどの目標では続かないので、500メートル走るなどでいいので軽めの運動を継続していくことをおすすめします。

 

 

薄毛の方の帽子の着用方法

頭髪が薄くなってくると、どうしてもそれを隠したくなってしまう人が多いと思います。自毛植毛をすぐにできればそれが一番いいのですが、最近は自宅勤務などが増えた影響で植毛クリニックの予約も数カ月待ちということがざらにあります。

かといってカツラとなるとこれまた費用が高額で作成の手間もかかります。薄毛を隠すもので一番手軽なのが帽子です。しかし帽子もかぶり方を間違えると、薄毛を悪化させる可能性が0ではありません。

被り方はもちろん、どの帽子を選ぶかも重要だったりします。ここでは帽子の選び方についてご説明致します。

帽子のメリット

薄毛の方にとって帽子の一番のメリットは手軽に薄毛を隠せることと思いがちですが、そうではありません。帽子のメリットは紫外線から髪の毛を守ることができることです。

髪の毛にはキューティクルという保湿成分がありますが、紫外線はこのキューティクルを破壊します。キューティクルが無くなると髪の毛に潤いがなくなります。そしてパサパサになるのです。パサパサになった髪の毛は抜け易くなります。

紫外線から頭皮を守ることが大切な理由です。

外出時は帽子を被ることで紫外線から頭皮や頭髪を守ることにつながります。

そしてもう一つ。これは多くの方の予想通りだと思いますが、薄毛を手軽に隠せることです。当たり前のようではありますが、最も違和感なく薄毛を隠す方法としてはこれよりもベストな選択肢はほとんどありません。

屋外であれば帽子を被っていても、不自然ということはありません。またふいに強い風が吹いて帽子が飛ばされたとしても、かつらが飛ぶよりかははるかにましです。

帽子のデメリット

帽子はデメリットよりもメリットが大きいですが、被り方を間違えると薄毛を進行させることもあります。

最も気を付けたいのは通気性の悪い帽子を長時間被ることです。帽子を長く被ると、通気性が悪くなり内部が蒸れます。皮脂が毛穴に詰まると、炎症が起き、養分が十分に行き渡らず、薄毛の原因となりえます。雑菌が繁殖する原因にもなります。

また頭皮の圧迫という点も気を付けたいところです。風で飛ばされたくないからといって頭皮を強く締め付けるようにして帽子を被ると、栄養が十分に行きわたらなくなる可能性も考えられます。これは通常の被り方をしていれば大丈夫ですので、過度に心配しすぎる必要はありません。

さらにいつでもどんなときでも帽子を被れるわけではないというのも地味にデメリットといえるでしょう。屋内での式典や事務仕事などは帽子を被りながらというのはやはり具合が悪いです。

日本では屋内は帽子を外すものという暗黙のルールがあります。そのためいつでもどんなときでも帽子を被り続けて薄毛をごまかすというのは難しいものがあります。

薄毛の人の帽子の選び方について

何よりも大事なのは通気性です。特に薄毛の方は通気性の悪い帽子は選ばないようにしましょう。あまり多くはありませんが、かっこよくて安いという理由で合皮の帽子等を選ぶのはやめたほうがいいでしょう。

おすすめはアウトドア用の帽子やメッシュ素材の野球帽です。これらの帽子は快適なうえに通気性がいいので、風を良く通します。室内で長時間被るなどでなければ多くの人におすすめできる帽子です。

まとめ

帽子の選び方をご紹介しました。薄毛を隠すために帽子を被ることは悪くないのですが、変な帽子を選んだり、被り方を間違えると、ほとんどないことではありますが、薄毛を悪化させかねません。

そしてこまめに洗濯し、清潔に保つということを忘れないようにしましょう。帽子の選び方や使い方を見直すと、悪いと言われている点はほとんど解消することが出来るのです。

ミノキシジルは薄毛に効くのか

ミノキシジルはミノキという略称などで多くの人に知られており、テレビのCMなどで一般層にも浸透しています。一度は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

ミノキシジルは薄毛の代表的な治療薬です。しかし、その効能や正しい使い方は意外と知られていません。実はミノキシジルは使用法や量を間違えると重篤な副作用の危険もある薬です。しかしあまり心配する必要はありません。これは個人が何の知識もない際に使った場合であり、医師の指導の下、正しく使用する分にはたいていの場合、問題は少ないのです。

今回は薄毛治療薬の中でもミノキシジルについてご説明します。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管拡張作用を有します。実は高血圧患者の治療薬として1979年から使用されていたものです。しかし、副作用として全身の多毛が認められ、発毛剤として開発が進められました。そして1988年にAGA治療薬として承認。今ではフィナステリド、デュタステリドと等と並ぶ、代表的なAGA治療薬のひとつとなっています。

ミノキシジルについて一番注意が必要なのは次項です。ミノキシジルは服用し使用する内服薬と直接頭皮に塗布して使用する外用薬があります。

効果は

ミノキシジルは毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにしす。血流が良くなるといえばイメージしやすいのではないでしょうか。血流が良くなるということは毛細血管の隅々を通り、栄養を髪の毛にきちんと運んでくれます。つまりは毛乳頭細胞から作られる毛母細胞を刺激する物質の産生を促したり、毛乳頭細胞を増殖させるという働きがあります。これらの作用によりミノキシジルは発毛を促しているといえます。

 

効果はいつからか

効果が出るのは個人差が大きいとされます。一般的には6か月は継続し、効果が出ているか様子を見るべきでしょう。しかし早い方は3か月ほどから効果を実感するという声も聞きます。

 

ミノキシジル外用薬

実は一般的に薄毛治療で用いられるミノキシジルという用語はこちらのことを指すことが多いです。それはなぜか。外用薬は日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017版」において推奨度が高い治療法だからです。これは自毛植毛よりも推奨度が高く、多くの人に認められている治療薬ということができます。

外用薬は市販品もあります。濃度は5%までと定められているのです。薄毛で悩んでいる人は医師に相談のうえ、正しい量を使用することが推奨されます。

基本的な使い方は特に難しいものではありません。1日2回、脱毛した箇所にに直接塗布します。朝と夜に一度ずつ塗布するのが理想。量は間違えないようにして下さい。多く塗布すればその分効果も大きくなるということではないからです。正しい用量・用法を守ること。これにより効果を実感することができます。

自己流で勝手に量を決め、いたずらにたくさん塗布するなどは控えて頂ければと思います。それではミノキシジルが持つ本来の効果を正しく発揮できなくなってしまいかねません。

ミノキシジル内服薬

多くの方は植毛の治療薬と聞くと、内服薬の方を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし薄毛改善に効果が期待できるのですが、国内において臨床試験が行われていないため、薄毛治療薬としては推奨されていません。

 

まとめ

薄毛治療の中で最も一般的な治療薬、ミノキシジルについて説明しました。個人で使用する分には市販の外用薬を買い、用量を守って使用すれば問題ありません。薬で最も大事なことは用法、用量を守ることです。適量ではない量を接種してしまい、息切れ、不整脈などの副作用に悩まされることもあります。

ミノキシジルは正しく使用しましょう。

染色剤の頭皮へのダメージ

男性でも染色剤を使い、髪の毛をカラーリングするのが当たり前の時代になってきました。理容室、美容室に通う、もしくは市販のカラー剤を自ら購入し髪を好きな色に染め上げている人は多く、白髪染めを含め全く経験がないという方は少なくなってきています。

ただ当たり前のことですがカラー剤には化学物質が使われており、それにより髪の毛の色が変化するもしくは脱色する仕組みとなっております。これは体には影響がないのでしょうか。髪の毛に悪影響を与えたりはしないのでしょうか。毛根そのものにダメージを与えるという話もあるが真偽はどうなのか。カラーリングの危険性はどういったものかなどについてお話できればと思います。

ヘアカラーの仕組み

ほとんどのヘアカラーは、1剤と2剤という2種類があります。1剤は酸化染料とアルカリ剤で、2剤の成分は酸化剤なのです。この1剤と2剤を混ぜることで酸化染料が発色します。1剤と2剤を混ぜたものを「混合液」と呼びます。これを髪に塗ると1剤の中のアルカリ剤が髪のキューティクルを開きます。そうすることで、混合液が髪の内部に浸透していくのです。
発色した染料の分子は結合し、より大きくなるという性質があります。髪の内部に浸透した後は自然と閉じ込められます。これによりの色が髪に定着します。

パラフェニレンジアミンとは

パラフェニレンジアミンという、成分があります。これは工業用の染色剤にも使われることもあります。
これを髪の毛に多少染める程度では、身体への中毒性などがほとんど無いので、広く使われている成分です。しかし、この成分が実は確実に毛根にダメージを蓄積させているといえます。
通常、微量なダメージに過ぎません。しかしアフターケアをせずに長年使い続ければダメージがどんどん蓄積されるのです。

紫外線も髪を痛める

また紫外線も髪の毛を傷めます。これは紫外線を多く浴びると髪のキューティクルが破壊されるのです。キューティクルは髪の毛の表面を保護しているバリアの様なもの。つまりこのキューティクルが破壊されると、髪の毛が乾燥します。

痛んだ髪の毛はかなり抜けやすくなるため、紫外線を浴び続けているといずれ髪の毛は抜けてしまいます。そして量が減ります。紫外線で薄毛になる要因です。

毛根がダメージを受けると

髪の毛が傷むと、これは元に戻ることはありません。
健康な髪の毛は、毛根からきちんと生えてくるからです。その毛根がここにダメージを受けてしまうことは、健康な髪の毛がもう二度と生えてこないことを意味します。徐々に生えてくる髪の毛が非常に細くなっていきます。そして最終的には毛根自体が致命的ダメージを負ってしまうこともあります。

極端を避けること

では対策としてカラー剤を一切使わなければよいのかというとそうとも言い切れません。確かにカラー剤を一切使用しなければ頭皮にダメージが蓄積することはないでしょう。しかし、仮に使用したからといって頭皮に間違いなく致命的ダメージが起きるかといえばこちらも疑問です。

要は用法用量を守り、正しく使用するというのが重要なのではないでしょうか。そして効果や副作用などは最終的に体質による部分もあるので、十把一絡げに問題ないと言い切ることもできません。

カラー剤を使用することで、見た目の印象が良くなる、気分が明るくなるなどプラスの効果もあるため、まったく使用しないことが一概に勧められるのかというと難しいものがあります。

まとめ

カラー剤は用法用量を守り、正しく使用することが大事です。ちなみに自毛植毛を行うと薄毛の方も多種多様なヘアカラーを楽しむことができます。メリット・デメリットをしっかり認識し使用しましょう。

睡眠不足と薄毛

皆さんは毎晩ぐっすり眠れているでしょうか。現代人は日々時間に追われているためか、十分な睡眠時間を取れてない人が多くいるようです。よく大御所漫画家などは寝てない自慢をされており、やはり早逝している方が多いです。このことから睡眠というのは体調と密接にかかわってきます。

しかしこれは体調に影響があるということは髪の毛にも少なからず影響を及ぼしているということにもなります。薄毛にはさまざまな原因があります。必ずしも睡眠不足で薄毛になるわけではありませんが、好ましいものでもないということは分かって頂けているかとおもいます。なぜ睡眠不足になると薄毛になるのか。
睡眠不足で薄毛になってしまう理由を詳しくご説明します。

睡眠不足は悪影響か

必要とする睡眠時間には個人差がありますが、睡眠時間を確保することは心身の疲労回復をするためにはとても重要なことです。「寝る子は育つ」というように、寝ている間は成長ホルモンが分泌され、疲れをとったり、その日学習したことを脳に定着させたりする効果が期待できます。また、深い眠りにつくことで疲労回復物質が分泌され、ストレス解消にも繋がります。睡眠不足が長く続けば続くほど解消が難しくなるため、なるべく早めの解消を心がけることが重要です。

不安や苛立ちから寝不足になった場合、それが続くとうつ病に発展するケースもあります。睡眠不足よりも根本的な不安や悩みを解消することが大切ですが、逆に睡眠不足を改善できれば不安を解消することに繋がります。また、睡眠不足になると脳の記憶を司る海馬が縮小し、記憶力を低下させる原因に。これが悪化するとアルツハイマー型認知症になる可能性もあるため、早めの対処が必要です。また砂糖のとりすぎや食べ過ぎで肥満が悪化すると、生活習慣病になるリスクも高まります。糖尿病や脂質異常症、高血圧になれば他のさまざまな病気の引き金にもなるため、こういった原因をなるべく作らないためにも睡眠は大切なのです。

https://www.suntory-kenko.com/column/article/04/

このように睡眠不足に良いことは何もないことが分かります。長く続くとそれが原因でうつ病になってしまうこともあるのです。

成長ホルモンについて

睡眠不足で成長ホルモンが上手く分泌されないこともあります。
髪は、80%以上がタンパク質です。そしてこのタンパク質の合成を高めるため、成長ホルモンが必要不可欠です。
成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されます。睡眠不足で髪の成長が上手く行われず、髪が薄くなってしまいます。睡眠不足で薄毛となる原因です。

毛母細胞について

毛母細胞とは、髪の毛の根元にある細胞。細胞がきちんと分裂していくと髪の毛がしっかり伸びていきます。つまり睡眠不足で薄毛になる理由として、毛母細胞がまったく分裂しないことがあります。

しかし、睡眠不足になると、この毛母細胞への分裂活動も実は十分行われなくなります。髪の毛がまったく伸びず、薄毛となっていくのです。

どのような睡眠を取ればいいのか

最低、3時間以上の睡眠をとりましょう。成長ホルモンは、睡眠に入り30分~3時間の間で多く分泌されます。これはその後徐々に減少します。しかし6時間程度は分泌が継続されます。つまり最低でも3時間以上、本当は6時間以上は継続して睡眠を取りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。睡眠不足は薄毛の原因の一つであると考えられます。
1日や2日程度の睡眠不足は薄毛に直接影響する事は少ないといえますが、毎日睡眠不足が続いていたり生活リズムが乱れていくと、髪の毛の生育に非常に大きく影響してしまうことがあるといえます。

 

髪に良い食べ物

髪に良い食べ物、悪い食べ物というのはあります。そしてこれをきちんと認識して正しい食生活を送っている方はそれほど多くない印象です。当然のことですが薄毛が気になる人は食事にもきちんと気を使うべきです。しかしどんな食べ物を選べば薄毛予防にきちんと、役立つのかわからないという方も多いのです。 薄毛に良い食べ物と悪い食べ物をご紹介します。

頭髪に悪い食べ物

まずはあまり髪の毛には好ましくない食べものからご紹介いたします。

髪の毛に悪い食べ物を控えること。これは大切です。 髪の毛に悪影響を与える食べ物の代表的なものは油っこい食べ物です。とくに揚げ物が大好きで頻繁によく食べているという人はかなり要注意です。

なぜかというと油は代謝を下げるだけでなく、なんと毛穴の厄介な詰まりの原因になることもあるからです。そしてもちろん糖分の摂りすぎも禁物です。毛髪への栄養供給が鈍くなり、抜け毛や薄毛を誘発する原因になることもあるからです。また栄養バランスの悪いとされているコンビニ飯やファストフード、そして炭酸飲料、アルコールなどもなるべく控えるようにしたいものです。そして髪の毛にとても良い食べ物をきちんと摂っていても、髪の毛に悪い食べ物をずっと食べ続けていると、まったく大きな効果を実感することができません。髪の毛に良い食べ物をしっかりと積極的に摂りながら、髪の毛に悪い食べ物はなるべく避けましょう。

抜け毛予防として良い食べ物

つぎは髪の毛に良い食べ物です。豆腐や豆乳、納豆は特におすすめです。 「大豆イソフラボン」には薄毛につながる5αリダクターゼを抑制する効果が期待されます。納豆には大豆イソフラボンのほかに亜鉛も含まれています。 この亜鉛も5αリダクターゼを抑制する効果が期待できるのです。亜鉛はほかにもカキやしじみ、ゴマやチーズにも多く含まれています。 そして、緑茶に含まれる「カテキン」には脱毛を誘発するホルモンの抑制が期待できます。大豆製品と一緒にしっかりと取ると、抜け毛の原因である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンの抑制に効果的です。

頭髪に役立つ食べ物

摂ったほうが良い食べ物はたんぱく質です。たんぱく質を多く含む食べ物は、健康な髪を育てることに役立ちます。髪の主成分はタンパク質だからです。 肉や魚も非常にたんぱく質を多く含んでいますが、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質がおすすめです。 大豆製品は抜け毛対策にもなり、たんぱく質も多く含む食品です。積極的にしっかり取り入れましょう。 またミネラル類も大切です。 海藻類はミネラル、ビタミン、食物繊維のバランスのいい食材、こちらも積極的にしっかり取り入れるといいでしょう。

 

自毛植毛が選ばれる理由

薄毛の人は自毛植毛を選択肢に入れたほうがいいと思われます。
じつはAGA治療の先進国といわれるアメリカでは、今でも10万人以上の方が自毛植毛の治療により薄毛の悩みを解消しています。 これらAGA治療先進国で、なぜ自毛植毛が薄毛対策として選ばれるのか。それは自毛植毛はケアの手間がかからないことも、選ばれる理由としてあげられるのです。最初しか費用がかからないのでコストパフォーマンスもトータルで見ると悪くありません。
自毛植毛は、手術後のアフターケアは必要ありません。しかし、人工毛植毛は定期的なメンテナンスとチェックが必ず必要となりますし、かつらであってもケアが必要です。AGA治療薬や育毛剤も、毎日の内服や外用を継続しなければならないのです。

まとめ

油っこい食べ物はできるだけ控え、大豆製品や海藻類を積極的にとりましょう。植物性のタンパク質をとることも忘れないようにしたいです。