固形せっけんで髪を洗ってもいい?

今回は固形石鹸のお話になります。男性の中には、頭を洗うのも、体を洗うのも固形石鹸一択にしているという方は意外と多いでしょう。

固形石鹸を使って髪を洗うことは特段問題ないようにも思えます。もちろん固形石鹸が原因で薄毛になるなど、信じられませんよね。今回は固形せっけんと薄毛の関係について、ご説明いたします。

ちなみに今回ここで取り上げるのは、洗髪専用の固形石鹸ではなく、一般的な体を洗う安価な石鹸です。

固形石鹸は勧められない

実は固形石鹸はシャンプーに比べて、洗浄力が高いと言われています。しかし頭皮がすっきりとしたような感じを受けますが、実はそれは洗いすぎの状態なのです。

洗浄力が高いということは皮脂をきれいに洗い流してくれるということ。実はこれ。いいことではありません。固形石鹸では髪や頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうということだからです。

皮脂が不足すると頭皮は乾燥しがちになります。この頭皮は乾燥を補うために、皮脂を過剰分泌してしまいます。すっきりするどころか逆にべたつきが気になるようになります。そして皮脂の過剰分泌が毛穴詰まりの原因にもなり、抜け毛にも繋がってしまうのです。

 

髪の毛が痛む

髪の毛の成分は弱酸性です。しかし固形石鹸はほとんどがアルカリ性。つまり髪の毛が傷つくことを意味します。

キューティクルが傷ついていくと髪はどうなるのか。ハリがなくパサつきやすい髪の毛になっていきます。

固形石鹸を使いたい方へ

固形石鹼は適当に選ぶことだけは控えるべきです。そのため適当なものではなく、シャンプー用の固形石鹸を使用しましょう。

おすすめはアミノ酸系です。洗浄力は弱いのですが、洗いすぎることがないので、頭皮を防御することにつながります。

また念入りにすすぎをすることを忘れないで下さい。シャンプーをしっかりと洗い流さない人がいますが、やめましょう。シャンプーの成分を頭皮に残したままにしても、悪いことはあれ、いいことは一つもありません。

固形石鹸のシャンプー使用後は、もちろんリンスやトリートメントでケアしましょう。

男性の中にはリンスやトリートメントの使用を過度に嫌がる方が一部いらっしゃいます。もちろんそれは個人の好みではありますが、女性的で使いたくない、買うのが恥ずかしいという方が多いようです。しかしながら、これらは頭皮を保護することにつながるので、拒否反応を示すことなく、積極的に使っていきましょう。

施術から1週間ほどで移植毛が生着

毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

自毛植毛は髪の毛が生えそろうまで、基本的には半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には十分な長さに生え揃うでしょう。

また、自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。