AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤は「毛を育てる」役割をするもので、頭髪を生やすのではなく、髪を育てる手助けをする製品のことです。

頭髪が抜け落ちた毛根から新たに発毛させる効果が認められるわけではないことはご存じでしたでしょうか。

育毛と発毛。これは初めて見る方にとっては非常にややこしいものです。しかし、効果が違っている薬を使い続けても髪が増えるわけではないため、ここでしっかりと理解しましょう。

今回はAGAは育毛剤だけで対処できるかについて詳しく解説致します。

 

育毛剤は医薬品ではない

育毛剤のほぼすべてが医薬部外品です。医薬品ほどではありませんが、人体に何らかの改善効果をもたらす成分が含まれているものを指します。

医薬部外品は、小売販売では特段の許可制度は定められていません。つまり薬剤師や登録販売者がいない店舗でも販売してます。 発毛剤のミノキシジルは医薬品ですので、当然ですが医薬部外品の育毛剤には入っていません。 しかしその代わりではないですが、天然由来の育毛が期待できる成分を配合している商品が多いです。

厚生労働省が毛髪用剤として正式に発毛効果を認めた医薬成分である「ミノキシジル」を配合した薬は、発毛剤を名乗れます。つまり、発毛剤以外の育毛剤系の製品では、「毛が生えてくる」ことを明言してはいけないのです。

育毛剤ではなく、発毛促進剤とする製品もあります。こちらも毛を生やす効果が厚生労働省から正式に認められているものではありません。つまり育毛剤と同じカテゴリーであると言えます。 「発毛を促進する(効果があるかもしれない薬)剤」と考えておくのが妥当です。

 

育毛剤は頭髪を育てる

ここまでで分かって頂けたかと思いますが、育毛剤は毛髪を生やす薬ではなく、使用することで今生えている毛を太く、丈夫に育て、抜けにくくする効果を期待するものです。 薄毛に悩んでいる人にとってはこれも効果があると言えます。

既存の頭髪を強く育てると頭髪全体をボリュームアップさせることができ、地肌が見える割合が少なくなるため、薄毛が気にならなくなる効果もあるからです。しかし 医薬部外品でも副作用的な症状がまったく無いではないので、注意が必要です。

AGAは育毛剤だけで対処できるか

育毛剤だけでAGAを改善するのは困難でしょう。AGAは悪玉男性ホルモンに対するレセプターの感受性などが原因で髪が細くなり、抜けてしまうものです。

これについて育毛剤だけでは明確な解決とはなり得ません。ミノキシジルやフィナステリドなども医師の助言の元使用しつつ、自毛植毛手術をするというのが良いでしょう。

 

自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありませ

自毛植毛で一度植毛した毛髪がきちんと生着すれば、再び自分の髪の毛となります。抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。薄毛の影響を受けにくい後頭部・側頭部の髪の毛をドナーとし移植するので、治療後に脱毛症になり抜け落ちる心配はありません。

自毛植毛は薄毛になりにくい部分の自分の髪の毛を採取し、薄毛部分に移植する植毛法です。毛髪の毛根の下部には毛乳頭があります。髪の毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織です。薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

髪の毛が生えそろうまでには半年~1年ほどかかります。 施術から1週間ほどで移植毛が生着、その後発毛します。1年が経つ頃には生え揃うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。