パーマをかけると抜け毛が増える?

パーマをかけると、掛け方にもよりますが薄毛が目立たなくなることがあります。

しかし、多くの方が心配するのはパーマをかけることで逆に抜け毛が増え、薄毛が悪化するのではないかということです。
一般的には、パーマ剤は髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、薄毛の原因になると言われていますが、どうなのでしょうか。

今回はパーマをかけると抜け毛が増える?についてご説明します。

パーマで薄毛になるか

パーマを一度行っただけでは、頭皮や薄毛に深刻な影響を及ぼすなどのダメージにはならないと言われています。しかしこれはヘアスタイルを維持するために何回もパーマを繰り返している場合は別です。

何度も度重なるダメージで頭皮が弱り、それが薄毛につながってしまうこともないとはいえません。皮膚の弱い人は、パーマをかけると頭皮に炎症が起きる危険性もあります。
炎症が原因で毛穴が塞がったり頭皮が傷ついたりすることもないとはいえず、それで抜け毛が増えてしまうケースもあるので、注意は必要です。

しかし、このようなケースもある一方、パーマをかけても薄毛が進行しないケースもあります。つまりこれは一概に言えず、自分の薄毛症状などによって大きな違いがあるため、個人差を考えなければなりません。

一般的には、パーマが原因で薄毛になることはないとは言われていますが、既に起こっている薄毛症状を悪化させる可能性はゼロとまでは言えないので、ほどほどに楽しむのが良いと思われます。

 

パーマ剤のダメージについて

人間の頭皮は肌の健康を保つため弱酸性に保たれています。しかしパーマ剤はアルカリ性です。

パーマ液には2つの薬剤があり、1つ目は髪の毛の成分であるケラチンの中の「シスチン」というアミノ酸を分解する効果があります。2つ目の薬剤は分解されたシスチンを再び結びつける働きを持っています。

パーマの仕組みは、このような化学反応で髪の質を変えてしまうことです。パーマ剤の成分はかなり刺激が強く、頭皮にも浸透しやすいことも見過ごせません。髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも多いと言われています。

しかし、何度も言いますがパーマをかけたら絶対薄毛になるという訳ではないのです。

頭皮ケアの重要性

パーマは必ずしもだめという訳ではありません。しかし比較的強い薬剤を使用するので、パーマの頻度が多いほど薄毛のリスクは高まります。
パーマをかけるときは頭皮のダメージを極力防ぐために、ケアを行うことが重要です。

パーマ後の髪はぬるま湯のみで、指の腹で優しく洗うなど、なるべく刺激を与えないようにするのが良いでしょう。それから洗浄力が強いシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい成分のものを使うと良いです。

 

毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます

自毛植毛は主に悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンなどの影響を受けにくい自身の後頭部・側頭部から毛を採取し、薄毛部分に植える植毛法です。

一度生着すると、自分の髪が半永久的に何度でも生え変わります。これまでのように、月1回のペースで床屋に行くことも可能であるのはもちろんのこと、染髪やパーマも可能です。基本的には、これらを行ったからといって、薄毛になることはありません。ただし、過度な頻度で行ったり、体質的に問題がある場合はこの限りではありません。

薄毛部分に移植された毛乳頭は毛細血管や神経と結合、着実に成長し毛髪が生えそろっていきます。自分の毛髪なので、拒絶反応が起こる心配もありません。ダウンタイムもほとんどないので、術後も普段通りの生活をすることができます。

生えそろうまでには半年~1年ほど見た方がいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。