薄毛治療は早いほうがいい理由

本人も気づかないスピードで薄毛は進行していきます。そして多くの方が早めに治療しなかったことに多かれ少なかれ後悔いたします。そして薄毛治療もすっかり進んでしまった後では、進行前と比べると対策するために時間も費用もかかります。

薄毛治療が遅くなった場合

薄毛の症状にもよりますが、薄毛の治療が遅くて得をするということはほとんどないといっていいでしょう。自毛植毛であれば、自分の髪の毛のドナーがその分減ってしまい、必要十分な量の植毛ができなくなる恐れがあります。

投薬治療でも、薄毛が進行しきってから始めるのと、そうでないのとでは雲泥の差があります。だけがどうみても薄毛という状態になってから治療を行っても、自分が満足する量まで回復することが困難となるからです。

時期が大事

かといって薄毛治療の時期が早い方がいいにこしたことはありませんが、薄毛が始まる前から薄毛治療をしたほうがいいかというと必ずしもそうとはいえません。早すぎても良いとはいえないのです。何故かというと仮に自分の父親が薄毛だったとして、必ずしも自分自身が薄毛になるとは年月が経たなければ確実には分からないからです。

薄毛ではないのに薄毛治療の投薬治療などをはじめてしまうと、必要以上に心臓や血管に悪影響を与えてしまうということも考えられます。もちろん、薄毛治療が確実に心臓や血管にダメージを与えるという話ではありません。薬にはほぼ全て副作用があり、可能性は高くはありませんが薄毛ではないのに薬を服用することで副作用が発症してしまうと困りものです。

かといって先述したように遅すぎるのも困ります。遅いことで考えられることは、具体的には、効果が出ても薄毛改善を実感しにくいことと、費用が多く掛かることなどです。髪の毛がほぼななるまで薄毛を放置し、そこから薄毛治療をした場合、自分が満足するレベルまで改善するかどうかは未知数ですし、仮に改善するまでの時間もかかります。

そのため、遅すぎず早すぎず、薄毛になってきたなと自覚した段階で薄毛治療を始めるのが良いタイミングといえるでしょう。

 

髪の細胞について

髪の毛は毛母細胞といって、毛乳頭周辺にある細胞組織が分裂すると作られます。そして人間の細胞が分裂できる回数は40回ほどと決まっています。 毛母細胞は細胞分裂を終えると、そのまま寿命を迎えます。つまり分裂を行わなくなるため頭皮から頭髪が生えなくなってしまいます。

この回数を少ない。そう感じるかもしれません。けれどもヘアサイクルの周期は大体2年から6年。どんなに短くても毛母細胞が80年は持つことになります。 AGAを発症している男性のヘアサイクルはなんとひどいと半年ととても短い期間になってしまいます。細胞分裂できる回数が40回だと仮定すると、たった20年で寿命を迎えることになってしまうのです。 そのため、毛母細胞の分裂できる残り回数が多いときに薄毛治療を始めた方が良いとされています。

 

自毛植毛のクリニック選びのポイント

カウセリング時にどういう術式なのか、なぜそのような方法を採用されているのかについて知っておくと良いでしょう。わからないことは質問しましょう。その質問に真摯に対応しないクリニックは、施術を任せないほうがよいかもしれません、
自毛植毛は技術力によって大きな差が生まれます。安価な治療でもないので信頼できるクリニックを見極めたいところです。おすすめは症例をきちんと見せてくれるかというポイントを見ることです。自身が受けたい手術と似たようなことをやっていて実績のあるクリニックであればそれなりに安心できると思います。
とにもかくにも、質問に真摯に答えてくれる、説明が明確で丁寧なクリニックを選ぶという医療機関選びの基本を抑えておくと、比較的希望する結果を得られやすくなるように感じます。

 

まとめ

薄毛治療はいつでも始めることができます。しかしいつまでも後回しにしていいわけではありません。自分の薄毛状態を見極めながら、症状が悪化する前に自毛植毛クリニック等にご相談しましょう。財布事情を考慮したおすすめの術式や、手術の価格などのおおよその見積も出してくれます。
多くのクリニックは電話での相談も受け付けていますので、まずはご連絡してみるのも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です