若年性脱毛症

10代~30代の間に薄毛・抜け毛が多くなってしまう症状を若年性脱毛症と言います

若い間にハゲるので精神的ストレスが大きく、またAGAの専門外来や病院に恥ずかしくて診察に行けず、治療が遅れてしまう傾向が高いようです。若い男性だけではなく、若い女性にも起こります。

若年性脱毛症 3つの特徴

若年性脱毛症の特徴①
様々な原因からくる

若年性脱毛症の原因はいくつもあるのですが、主に「生活習慣の乱れ」や「ストレス」が原因とされています。
また、「遺伝」や「病気」でなる方もいるようです。
どの原因からきているかわからないという方は一度病院で診察してもらい、適切な治療を受けましょう。

若年性脱毛症の特徴②
10代~30代

若年性とあるのでお気づきかと思いますが…
そうです!若くしてハゲるのがこの若年性脱毛症の特徴です。

これは老化が原因で始まる一般的なハゲとは異なり、10代の思春期を過ぎたころから働き盛りの30代が対象で、それぞれのステージ毎の特有の悩みがストレスにつながり、薄毛や抜け毛が始まると考えられています。

若年性脱毛症の特徴③
AGA(男性型脱毛症)とは違う?

若年性脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)の一種です。
AGA(男性型脱毛症)はO字型、U字型、M字型などの特徴がありますが、若年性脱毛症も同じように頭頂部、髪の毛の生え際から薄げになります。

 

若年性脱毛症3つの原因

若年性脱毛症の特徴でもお話したように、生活習慣が深く関わっています。
特に睡眠、食事、ストレスなどの生活習慣が乱れていると、髪の毛が抜け、薄毛が起こりやすくなります。

若年性脱毛症の原因①
睡眠不足

夜遅くまで勉強や残業で寝る時間が少なくなっていませんか?
睡眠不足になると疲れがたまりストレスを感じやすくなります。

また、日中の髪の毛や体のダメージは寝ているときに修復されるので、睡眠不足が続くと修復が間に合わず、髪の毛に悪影響を及ぼします。
スマホやパソコンを1日中見るだけで疲れは溜まっています。
睡眠時間が取れないなら、睡眠の質を上げ熟睡できる方法を検討してみてはいかがでしょうか。

若年性脱毛症の原因②
偏った食事

若い人がよく行くお店といえば、ファーストフード店・チェーン店の居酒屋ではないでしょうか?
食べ盛りなので、食べても食べても安いお店がいいですよね。

ですが、ファーストフード店や居酒屋などでは油をたくさん含んでいる食べ物が多く提供されます。
これらの食べ物ばかり食べていると皮脂の分泌が増え、毛穴が詰まりやすくなります。
これが原因で薄毛の進行を促進してしまうことに…
誘われたら断れないという人は、居酒屋やファーストフード店であっても意識して脂っこいものを控えてみてはどうでしょう?

若年性脱毛症の原因③
ストレス

ストレス社会と呼ばれている現代でストレスを感じていない人は少なくないかもしれません。
ストレスを感じてもストレスを発散することができればいいのですが、うまく発散できずモヤモヤが残ったままで生活をしていると自律神経が崩れてきます。
自律神経が乱れると体が緊張状態になり血流が悪くなります。
血流が悪くなることで頭皮に栄養が届かず、薄毛や抜け毛が進行してしまいます。
また、睡眠不足のためストレスを感じやすくなっている人は注意が必要です。

休日はスポーツや映画など、好きなことをして過ごしてリフレッシュしてみてはどうでしょうか?
体にも髪にも良い影響があります。
週末したいことを考えるだけでもウキウキするのでオススメです。

若年性脱毛症は生活習慣の乱れが原因で薄毛が進行したパターンが非常に多いです。

「最近抜け毛が目立つなあ…」と思ったら、まずはAGA専門外来か病院で診察してもらいましょう。

若年性脱毛症対策には、生活習慣の改善を意識しながら生活するといいかもしれませんね。

女性ホルモン

ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や組織をコントロールしています。その中で、女性特有のカラダつきやカラダのリズムに大きな影響を与えるのが「女性ホルモン」です。
この女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲンプロゲステロンの2種類あります。

エストロゲンとは、代表的な女性ホルモンであり、女性らしいカラダをつくります。
肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったり、女性のカラダ全体の健康を支える役割も果たします。また、脳や自律神経にも働きかけるため女性の心身に大きく影響するのが特徴です。

プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。
体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。

この2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、月経と連動し、 一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変化させます。
まず生理後はエストロゲンが一気に増加。ピークを迎えた後、減少しつつある時に排卵が起こります。
一方、排卵前から少しずつ増加していたプロゲステロンは、排卵後エストロゲンと共にさらに増加しますが、生理前にはその両方が減少します。この周期は約28日というスパンで発生しますが、女性の心身の変化は、この「エストゲン」と「プロゲステロン」の分泌量バランスが変化したときに現れます。

2つの女性ホルモンの中で、特に“女性らしさ”に関連するのが「エストロゲン」。
女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほど。
そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのです。

そして結論として言ってしまえば、この女性ホルモンを増やすことはできません
なぜなら、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半。
30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのみ。
卵巣の中の卵胞が減り、特に閉経前後の45~55歳には激減していきます。

「イライラ」「不安感」「急な汗」など女性特有の“ゆらぎ”が起こるのはこの頃です。
さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。
逆に言えば、この女性ホルモンの減少に対しての対策をしっかりすることが、“ゆらぎ”の緩和にもつながるのです。

女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減り、50代後半になると、卵巣はわずかな女性ホルモンしか分泌しません。何らかのタイミングで女性ホルモンが増えることもなく、女性ホルモンは年齢と共に減少を続けるのみです。

一方、この女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。重要なのは、女性ホルモンを増やすという考えではなく、「女性ホルモンをコントロールする」「女性ホルモンを補う」という考え方を持つことです。

バランスの良い食事を取る、良質な睡眠を取る、体を積極的に動かす、ドキドキとワクワクを増やすなどのことを心がけるとよいでしょう。

 

サプリメント

サプリメントとは、健康食品に分類される食品で、健康食品もサプリメントも法律上の定義はなく、健康の維持増進のために利用されています。サプリメントはビタミンやミネラルなど健康の維持増進に役立つ特定の成分を濃縮し錠剤やカプセル状にしたものです。アメリカでは「ビタミン・ミネラル・ハーブ・アミノ酸のいずれかを含み、通常の食事を補うことを目的とするあらゆる製品(タバコを除く)」と定義されています。
しかし、日本では法律的な根拠がなく、いわゆる「健康食品」で、現在は製品としての品質を保証する根拠は全くない状態です。

サプリと普通の食品の違いとは??

食品といえば、日常、食べているお肉、魚、野菜や醤油、砂糖の調味料など一般的な食品が浮かびます。では「健康食品」とは?
これは、広い意味で食品の一部ですが、特に法令では定義されていません。一般に「健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの」の総称です。
そのうち、実際に「健康の保持増進効果」があると確認されているものもあれば、確認されていないものもあります。
「健康食品」といわれているものは、「おなかの調子を整えます」とか「脂肪の吸収をおだやかにします」など、その機能を表示することが国に許可されている「保健機能食品」と、そうでない、「いわゆる健康食品」に大きく分類されます。
「保健機能食品」は、特定の保健の目的が期待できる食品の場合にその機能について、また、国の定めた栄養成分について、一定の基準を満たす場合、その栄養成分の機能を表示することができる制度です。
「健康食品」のうち、国の表示制度として認められているものが「保健機能食品」であり、その中に「①特定保健用食品」、「②栄養機能食品」、「③機能性表示食品」の3つがあります。
このほかに“健康食品”、“健康補助食品”、“栄養補助食品”、“栄養強化食品”、“栄養調整食品”、“健康飲料”、“サプリメント”など、様々な名前で呼ばれている食品がありますが、これらは、国が制度化し許可したものではありません。

健康食品と薬は違う

「健康食品で病気が治る」わけではなく、「健康食品は病気の治療に使えない」ということをしっかり理解しておく必要があります。

健康食品は外観がカプセルや錠剤のものが少なくありません。一見、薬(医薬品)と同じように思えるかもしれませんが、医薬品は臨床試験などを行い、有効性や安全性を確認したうえで厚生労働省が病気の治療に使用できると承認したもので、健康食品とは異なります。

健康食品の中には「コレステロールの吸収を抑える」などと表示されているものもありますが、健康食品は病気の治療には使えません。

 

健康食品の間違った認識

×健康食品だから、薬の副作用のような体に悪いことは起こらない。
健康食品が原因で体調を崩す場合があります。治験(臨床試験)を実施し承認された薬でも、すべての副作用がわかっているわけではありません。健康食品は薬に比べ、十分に研究されておらず、未解明な成分がほとんどです。飲む際は、成分などを調べてから飲みましょう。

×健康食品をたくさん摂取すれば、より健康になる。
たくさん摂取することで、体調を崩す原因になることがあります。普通の食事なら同じものをたくさん食べようとすると飽きたり、満腹になって食べることにブレーキがかかったりします。しかし、健康食品は特定成分を凝縮して錠剤などの形にしたものもあり、たくさん取れば、摂取過剰になることがあります。決められた量以上に摂取するのは危険ですので、やめましょう。

×多くの種類の健康食品を同時にたくさん摂取すればより健康的になる。
医薬品については複数の薬を同時に服用することによる影響についての研究や、実際に併用後に起きた副作用の情報が集められています。しかし、まだ見つかっていない組み合わせも多くあります。
一方、健康食品は人への作用が未解明な成分が多く、医薬品ほど多くの研究や情報がないので、多種類の健康食品を同時摂取すると思わぬ副作用が発現する可能性が高まります。

ストレス

ストレスとは
ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われていたもので、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態を言います。ストレスを風船にたとえてみると、風船を指で押さえる力をストレッサーと言い、ストレッサーによって風船が歪んだ状態をストレス反応と言います。

私たちのこころや体に影響を及ぼすストレスには、「物理的ストレス」、「化学的ストレス」、「心理・社会的ストレス」があります。
普段私たちが「ストレス」と言っているものの多くは、この「心理・社会的ストレス」のことを指しています。職場には仕事の量や質、対人関係をはじめ、さまざまな要因がストレスとなっています。

ストレス反応は、心理面、身体面、行動面の3つに分けることができます。
心理面でのストレス反応には、活気の低下、イライラ、不安、抑うつ(気分の落ち込み,興味・関心の低下)などがあります。
身体面でのストレス反応には、体のふしぶしの痛み頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、便秘や下痢、不眠などさまざまな症状があります。
また、行動面でのストレス反応には、飲酒量や喫煙量の増加、仕事でのミスや事故、ヒヤリハットの増加などがあります。

 

ストレスと気づいたら
ストレス反応が長く続く場合には、過剰なストレス状態に陥っているサインかもしれません。これらの症状に気づいたら、普段の生活を振り返り、ストレスと上手に付き合うための方法を工夫してみることをおすすめします。また、これらの症状の程度が重かったり長期間続くような場合には、専門家に相談するのがよいでしょう。
私たちは日常生活でストレスを経験すると、そのストレスを解決したり悪影響を緩和するために、さまざまな工夫をします。これをストレス対処(コーピング)といい、ストレス対処が適切になされている場合には、心理面、身体面、行動面のストレス反応は減っていきます。

しかし、対処能力を上回るほどのストレスを経験したり、ストレスが長期間続いたりすると活気が低下して、元気がなくなってきます。この状態が解消されずにいると、イライラや不安感を覚えるようになります。そして最終的には気分が落ち込んだり、ものごとがおっくうになるなど、いわゆる「うつ」の状態に近づいていきます。

 

ストレスの対処法
私たちがストレスにさらされ、もし、うまく処理できない時には、心身ともに異常が発生します。自分ひとりで対処できないようなストレスの場合は、自分の力と周囲の人たちの力を合わせて、よりよい解決の糸口を見出すことが重要です。
また、日頃からストレスが発散できるよう、趣味や生きがいとなるものを持つことも必要です。
窮地に陥った時に相談できる人を持つことは、極めて重要なことです。
私たちは人と人が作ったものから、そして自然からもストレスを受けますが、
一方でそれらはストレスを癒す大きな存在でもあるのです。

シャンプー

シャンプーとは?

頭髪を洗浄するために販売・使用されている商品。

シャンプーの目的は、頭皮・頭髪を清潔にすることにある。
髪の健康や美容を実現するに際しては、シャンプーを使って頭皮の汚れや(余剰)油脂を洗い落とすことが重要である。もちろん、整髪料等を使っている場合は、それを適切に洗い落とすことも大切な目的となる。
頭皮は皮脂腺が多い部位であり、毛穴を絶えず清浄に保つことで、毛母細胞の機能を献上にキープすることにつながる。

以上の目的をよく理解した上で、無数に出回っている商品の選び方や使い方を考えることが大切である。
成分と体質の相性に注意して、合わないシャンプーの使用は早めにストップすることもまた大切である。

増毛剤

増毛剤とは??

増毛剤とは髪にスプレーで吹きかけたり、パウダー状のものを毛髪に付着させて 薄毛を目立たなくさせる商品です。

手軽に薄毛が隠せるので、髪の分け目が気になっているけれど育毛剤を使うほど薄毛やAGAが進行していない方に向いている商品です。 医薬部外品ではないので体に変化を与えるような影響はありません。手軽に髪をボリュームアップ出来ます。

増毛剤の特徴は?

増毛剤の特徴は薄毛が気になってきた髪の分け目や生え際の毛髪に微粒子や細かな繊維を付けて、毛髪を濃く見せる着色料のことです。

製品の形状はスプレーで吹き付けるタイプと薄毛の部分に振りかけるパウダー状の タイプがあります。 粉状のものを毛髪に付着させているだけで毛髪が増えている訳ではないので、スポーツをして大量に汗をかいたり、雨に濡れたら落ちてしまいます。 落ちるのを防ぐために、専用のミストで固めるタイプの製品もあります。 薄毛を簡単に隠せて、シャンプーをするだけで落ちるので、手軽に使用出来ます。

増毛剤はどういう人におすすめ?

簡単に毛髪にボリュームを付けることが出来る増毛剤は便利ですが、使用目的によっては向き不向きがある商品です。

⑴かつらに抵抗がある人
かつらを付けることに抵抗のある方も少なくないでしょう。 「かつらだと頭が蒸れそう・・・」 「風で飛んだらどうしよう・・・」 「かつらだと恥ずかしい・・・」 という気持ちの方に手軽に毛髪にボリュームが付けられる増毛剤は向いています。

⑵育毛剤を使うのに抵抗のある人
育毛剤を使用してみたけれど、効果がなかったという方もいらっしゃるでしょう。 万人に効く育毛剤はなく、効果がでるまでに時間がかかる可能性があります。 育毛クリニックも費用がかかるし、副作用が心配・・・という方にも増毛剤は向いて いると言えるでしょう。

⑶薄毛の範囲が小さい人
円形脱毛症などで薄毛の部分が小さい方にはピンポイントで隠せる増毛剤は向いて います。広範囲に増毛剤を使用すると、他の人に分かってしまいがちです。 頭皮に付いてもシャンプーで簡単に落とせるタイプの増毛剤もありますので、商品を 確認して使用しましょう。

増毛剤と育毛剤の違いとは??

⑴増毛剤では発毛しません
育毛剤には頭皮環境を整え、育毛を促すことが認められた成分が配合されています。 継続使用で育毛できる可能性がありますが、目安として6か月継続使用する必要が あります。 育毛剤は毎日シャンプーをして清潔な地肌に使用する根気が必要な商品です。 毎日育毛剤で頭皮の健康を保つことが出来る方には育毛剤の使用もおすすめです。

増毛剤は一時的に髪に付着させてボリュームをつける商品ですので、育毛剤のように 発毛促進成分は配合されていません。

育毛剤と増毛剤では用途が全く異なる製品になります。

⑵増毛剤は使用する時に注意が必要です
増毛剤は使用する時に毛髪に粉末状のパウダーをふりかけるか、スプレーで吹き付けるので周囲に粉が散らばって床が汚れたり、服に付着する可能性があります。 汚れないように気をつけて使う必要があります。 また、シャンプーで落とすことが必要なので使用したらシャンプーをしないと、寝具を 汚すことにもなります。

育毛剤は直接頭皮につけることが多いので、周囲に飛び散ったり床の汚れなどには気を使わなくても良い商品です。

⑶増毛剤と育毛剤ではコストが違います
増毛剤は育毛剤に比べて、手頃な価格で毛髪をボリュームアップ出来る商品です。

育毛剤は月にかかる金額が増毛剤に比べると高く、継続使用して効果が現れる物 なのでランニングコストがかかります。 また、育毛剤によって配合成分が違いますので、自分の薄毛のタイプを見極めて効果のある商品選びが大事になってきます。

自毛で発毛促進効果の認められた育毛剤を試したい方にはおすすめです。

ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

AGAの引き金になるリスクを秘めている物質。AGAがはじまっている場合は、速やかにジヒドロテストステロンを抑制する対策に着手する必要がある。

男性ホルモンの一種「テストステロン(TH)」は、「5αリダクターゼ(5α-reductase)TypeII」という還元酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換される。
このDHTは、毛母の細胞分裂を妨害する作用が強いことは以前から明らかにされている。それに加えて、頭皮の皮脂腺において皮脂の分泌を過度にもたらしてしまう作用があることもよく研究されている。
したがって毛穴が詰まりがちになるため、頭髪が抜け落ちる時期を早めてしまう。

なおジヒドロテストステロンには薄毛をもたらすほかにもさまざまな作用がある。例えば体毛の増加や精力減退など、男性の身体の悩みの原因になる可能性も持っている。