薄毛の原因について

薄毛改善のベストなチョイスは自毛植毛なのですが、「髪が薄くなってきた…」と自覚し始めた薄毛の初期状態の場合、改善策はどのようなものがあるのでしょうか。薄毛改善の方法は手術だけではないのです。

薄毛の原因について

薄毛の原因として多いのが、AGA(男性型脱毛症) AGAは男性ホルモンの影響から、ヘアサイクルが乱れる、そのことにより引き起こされる脱毛症です。ジヒドロテストステロンが毛母細胞に悪い影響を及ぼすことが原因と言われています。女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。 ストレスも薄毛の原因となります。 過度なストレスにより自律神経やホルモンバランスが乱れるとどうなるのか。血行不良で髪に十分に栄養が行き渡らなくなります。不眠、食欲の不振、ストレスの間接的な影響が髪の育成を妨げることもあるのです。 AGAですが体質や遺伝も無関係ではないのです。 AGAは遺伝しやすいと言われています。AGAの人が家族にいた場合は薄毛になりやすい体質といえます。  

薄毛について

鏡などを見て自分が薄毛状態にあると知ったとき、合動揺するケースがほとんどです。しかしながら自分が薄毛状態にあると自覚できた分だけ良しと思いましょう。深刻な薄毛状態にあるのにそれを放置し自分は薄毛ではないと思いこみ、症状を悪化させてしまう人もいます。 20代で薄毛が進んでしまう事は特に珍しいことではありません。女性の方でも薄毛に悩む人がかなり多く見られます。ストレスや生活習慣の乱れから薄毛になる人もいます。生活習慣の改善で薄毛が改善される可能性があります。  

薬の服用

男性用の薄毛の治療薬として代表的なものはフィナステリド系とデュタステリド系。抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。

女性用の薄毛の治療薬としては「パントガール」が代表的。女性の薄毛症状に多いびまん性脱毛症に効果があるとされます。

薄毛の改善には、発毛剤や育毛剤を使用する方法もあり多くの種類があります。しかしながら医学的に発毛効果が認められているのは実はごく一部だけ。きちんと医師の診断の元使用しなければ副作用などでとりかえしのつかない可能性があるということを念頭においてほしいと思います。

 

生活習慣について

栄養バランスが偏った食生活をしていると、髪の毛の生成に必要な栄養を、とることができません。生活習慣や食生活も当然髪の毛に大きな影響を与えます。飲酒や喫煙は血管を収縮させるので、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼします。

頭皮環境の悪化も薄毛を進行させる原因になります。さらに自分に合わないシャンプーの使用も頭皮環境を悪化させる原因となります。またパーマ液やブリーチ剤、紫外線は頭皮の大きな負担になるのです。 甲状腺の病気や糖尿病などの前兆として薄毛になることもあるのです。

 

 

まとめ

必ずしも手術を受けなくても薄毛は改善できるということがお分かりになって頂けたと思います。

特に生活習慣が不規則なことを自覚されている方はすぐに食生活や睡眠をみなをしてみて下さい。髪の成長には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが大切です。

適度に運動する、ストレスをため込まないなど、生活習慣改善も薄毛改善には大事なのです。 薬の服用も素人が思いこみで選ぶよりも、医師の助言があった方が安心です。自分一人で症状を決めつけ、間違って薬を選んではいけません。

少しでも薄毛の兆候がみられたら自毛植毛や薄毛治療を行っている医師に相談しましょう。

生活習慣の改善で変化が見られない、という段階になってから自毛植毛を考えても遅くはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です