自毛植毛手術を終えた後の仕事復帰について

一般的には手術は長期の入院が必要なケースを想像するものです。自毛植毛の施術はどうなのでしょうか。 自毛植毛手術を受ける方で最も多い年齢層ですが30~50代の働き盛りの方。手術から職場復帰まで、どれくらいの期間が空くものか、短期間での職場復帰は可能なのかという点についてお話します。

手術法により異なる

植毛手術後に復帰できる時期というのは一律に申し上げることができないのです。術式により回復期間、体への負担などが異なるためです。ここでは一般的な例を挙げます。 植毛の手術を2つに分けると、頭皮を大きく切り取るFUT法とメスを使わないFUE法の2つがメジャーです。 「FUT法」は一度に広範囲に植毛できるというメリットがありますが、頭皮を大きく切り取るので出血も伴います。術後からしばらくは仰向けに寝るのも難しく、かなりの痛みがあります。

FUE法はパンチという専用の器具で、毛根ごと髪を採取、植え付けます。出血は多少しますが、痛みの度合いは軽減されると言えます。 FUT法であれば早期の職場復帰は難しいでしょう

職種によっても変わる

FUE法であれば、手術翌日に職場復帰が可能なのです。条件はあります。肉体労働など体を動かす職業に勤めている人は1週間程安静にしたほうが良いです。術後経過に支障をきたす可能性などがあるからです。 デスクワークの人であれば激しい動きをすることはないと思いますので、手術翌日から職場で働く事ができるでしょう。

手術後に避けるべきこと

術後の過ごし方によって生着率も大きく変わります。術後は植えた毛髪をしっかりと定着させることが大事です。植毛手術を検討している方は以下をご一読ください。FUE法で施術したとみなします。

患部への強い刺激

かさぶたは治りかけのときにかゆみを発症します。手術後最も辛い期間です。頭をかきたい気持ちをこらえて我慢して下さい。かさぶたがきちんと取れるまは、患部をかいたり、かさぶたがはがれるような行為は控えなければなりません。 睡眠のとき、無意識にかいてしまう人もいます。かいてしまわないよう対処することが大事です。

激しい運動を控える

術後すぐの激しい運動は厳禁です。閉じかけた傷口が開く可能性があります。バスケ、サッカーなどのスポーツは1、2週間、軽いジョギングなども3-4日は休んだ方が良いでしょう。

 

飲酒・喫煙

飲酒は手術の前日から翌日まで禁止です。たばこは手術前の2、3週間前からの禁煙をお願いします。 アルコールは血行を促進する作用があるので、術後に出血量が増え、腫れがひどくなるときがあります。 タバコの成分ニコチンは血管収縮作用があるので、血流を悪くし毛細血管から毛根の方に栄養が行き渡らなくなります。生着率の低下にもつながるのです。

職場復帰の目安

肉体労働の人は1週間ほどの休養の後、患部への刺激のある行為を避けましょう。ヘルメットを使う人はタオルを巻き、汗で蒸れる事態を防いで下さい。

営業の方は小さいかさぶたが目立つことについて気になるかもしれませんが、全てのかさぶたが取れるまでには10日~1週間程度かかります。ニット帽を被るという方法が最も良い方法です。もちろんかつらも使用可です。

具体的に例を出し挙げてみました。施術はFUE法なら早くて翌日、遅く見積もっても1週間前後で、職場復帰できます。しかし傷の治り具合、体調回復には個人差がございますので、おおよその目安としてとらえてください。実際に気になる方は植毛クリニックの医師に直接相談することがベストです。

こちらについても医師の方が真摯に相談にのり、答えてくれると思います。まずはお電話でご相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です