スカルプ・エクスパンダ―法

スカルプ・エクスパンダ―法とは?

薄毛・抜け毛をカバーする手術のひとつで、スカルプ・リダクション法を発展させた方法。
薄毛が顕著な部分の皮膚を切り取り、周囲の皮膚を縫合する点はスカルプ・リダクション法と変わらない。

この方法の特異な点は、頭皮の伸縮性を増すために、頭皮と頭蓋骨の間に風船状の「エクスパンダ―」を挿入することである。
エクスパンダ―は、シリコンでつくられており、術後しばらくしてからその中に注射を通して生理食塩水を少しずつ注入する。こうして人為的に頭皮を伸ばしてから頭皮の切除を実施する。

エクスパンダ―を挿入するときは全身麻酔を用いるが、生理食塩水の注入の際は苦痛を感じる点が大きなデメリットとなっている。
また、エクスパンダ―を入れている間は頭部が不自然に膨らんで見えてしまうことも無視できないデメリットである。