ページトップへ戻る

自毛植毛i-SAFE

切らない手術で目立たない

世界での手術シェアは、いまだに頭皮を切り取るストリップテクニックが主流ではあります。
実際当院でもその一種であるFUSSも行っておりますが、
やはり多くの患者様の希望は切らない手術となっています。
その理由は、頭皮を切り取るという恐怖感がなく、
それにともなう痛みがほとんど無いことでしょう。
さらには、傷跡も点状であり、傷跡のようには見えません。
その切らない手術の進化したものがi-SAFE(Dr.Inoue's Suction Assisted Follicular Extraction)です。

マイクロスリット、ニードルによる微細な移植孔

吸引補助で切断率が圧倒的に減少

i-SAFEは採取器の吸引補助(Suction Assisted)を特別な方法で利用
また、そのパンチ刃先のオリジナル構造により
難しく、切断率が高くなりがちであると考えられているその他のFUE、パワードFUEとは、
別次元の切断率の低さが生まれます。
それ故、作業そのものが簡単で速いにもかかわらず、
高品質の移植毛の採取が可能となりました。

1600株を採取した翌日の洗髪後採取部

刈らない手術で、ドナー部は直後から目立たず、
ダウンタイムがない

切らない手術での、最大のネックは、採取部を剃毛する必要がある点です。
部分ウィッグで隠すことはできますが、ここを大変と感じる方が多いのも事実です。
だからこそ当院では刈らないアンシェーブンi-SAFEをスタンダード化しようと考えています。
しかもこれは採取の分散、選択にとても有利となります。

マイクロスリット、ニードルによる微細な移植孔

マイクロスリット、ニードルによる微細な移植孔

一般に世界中で使われているスリットやマイクロホールは、
20年前のレベルからすれば相当小さいものにはなってきていますが、
それでもまだまだ大きいとおもえる。
小さくすれば移植作業が難しくなり、下手に行えば生着不良となる。
当院の移植部の移植孔は、マイクロスリットまたはニードルを中心とした
超微細であることが最大の特徴です。
つまりこの微細移植孔に移植する技術を持っていると言うことです。
これにより移植部のダメージを最小にでき、瘢痕形成や生着不良のリスクを
減少させられる。実際手術直後からきれいな仕上り。
もちろん、密度やボリュームも出しやすい

科学的根拠に基づいたデザイン

科学的根拠に基づいたデザイン

デザインの要素は2つ、生え際のデザインと株のサイズ毎分配です。
生え際は多くは根拠無くデザインされることがほとんどですが、
生え際には意味があり、その意味に基づき科学的に描かれるべきです。
科学的・解剖学的に合目的的であるからこそ、自然に見えるのです。
そして株のサイズ毎分配でも、多くは生え際最前列は一本毛のようなことが
真しやかに言われていますが、本来最前列は一本毛かどうかより、
産毛に近い細い毛であるかが大切です。
つむじにおいては、さらに一般では議論さえされていないことですが、
つむじの植毛での満足度を上げるには、毛穴と毛穴の距離を詰めることを
優先する必要があり、その目的のためには太めの一本毛を使うことが
適している。という具合です。

手術の速さも大切だが

手術の速さも大切だが、
それ以上に手術のクオリティが大切

採取した毛は適切な保存液を使用すれば、その生命力の低下は
数時間ではあまり起こらないが、効率重視で採取毛の切断や
皮膚の損傷が一旦大きくなってしまったならば、
結局生着率の低下や傷跡の汚さにつながることになる。
常にクオリティ優先での手術に徹することはこの植毛には大切なことです。

科学的根拠に基づいたデザイン

いくつかの手法をミックスした
いいとこ取りのハイブリッド

ハイブリッドi-SAFE & FUSS

頭皮を切るFUSSと切らないi-SAFEを併用することで、
株の採取を効率よく行うことができるようになり、
その結果、進行の進んだ東洋人においても、
一度の手術で4,000株以上の採取が現実的となります。

つまり、各々2,000株の採取であれば、
FUSSでの後頭部のドナーを切除・縫合した
傷跡のテンションを低く抑えることができ、
ある程度は気にならない傷跡にできて、
切除したストリップからの株分けの時間に、
残りを毛穴毎採取します。

仮に、比較的毛穴密度の低い東洋人で
3000株以上をFUSS単独で行った場合は、
その切除範囲の面積はかなり広く、
頭皮の伸びの限界を超えてしまい、
無理矢理寄せても、元に戻ろうとして
汚い幅の広い傷跡になってしまうのです。
現実問題としても、
この頭皮を切るFUSSを単独で希望される患者様は、
当院では皆無ですので、
FUSSは唯一このバイブリッドに残っているわけです。
また、i-SAFE単独で一度に4000株以上は、
時間的にも、手術後の残存毛髪密度を考えると、
厳しい方は多々おられます。

科学的根拠に基づいたデザイン
スタンダードi-SAFE & アンシェーブンi-SAFE

髪を短く刈っても目立たない範囲は、
刈るスタンダードi-SAFEで比較的効率的に、
株を採集し、残りの株は、後頭部側頭部全体から、
刈らないアンシェーブンi-SAFEで採取して、
効率の良さやコストの良さと
目立ちにくいこととも両立させようというものです。
もともとは患者様からのご提案で始まった方法でしたが、
思いもかけず、その需要は大きいようです。

科学的根拠に基づいたデザイン

医師だけではなく、看護師やアドバイザーも含めた
チーム力が最高の結果をもたらす

植毛手術において、看護師の技術力もとても重要で、
これは単に手先が器用とかではなく、完璧に仕上げたいという
ハートを持った熟練の看護師を揃えて手術にあたっています。
もちろん、患者様が安心して手術にのぞめるためには、
アドバイザーの的確な、マネジメントが不可欠です。

さらに
株優先イメージ

小さな株を密集させる密度優先と比較的
大きい株を使うボリューム優先を使い分ける

大きい株はその本数で有利ですが、移植後の周囲への影響は
やや大きく、 これが原因で周囲の既存毛が消失したり、
高密度にした場合生着率の低下をおこしたりしていまいます。
そのため、本数の割に地肌が見えやすい結果となることがあります。
これを避ける方法は、周囲への影響が少ない小さい株を
小さい穴に高密度で植えることです。
多くのクリニックでつむじにはやや大きめの株を使っていることが多いが、
ここを1本毛で太い毛を使うことにより、密度感をだせて
地肌が見えにくく仕上げられます。

頭頂部イメージ

限られた資源である自毛を、将来を見据えた
最良の分配の提案

現時点で、移植の材料である毛は限られた資源である、
培養して増やす技術が出来るまでは、将来までも考えて
最適な分配をしていかないと、離れ小島のようになったり、
アンバランスな生え方になったりしてしまう。

手術だけにとらわれず、最も効果的な治療を計画する

手術だけにとらわれず、
最も効果的な治療を計画する

薄毛治療の効果におけるエビデンスを持つ様々なもののなかから、
組み合わせて治療方針を立てます。
多くのケースで、ほぼ副作用のことを考える必要のない自毛植毛手術が
中心となります。
補助的にAGA治療薬の使用は
とても有効ではあるが副作用の発現において長期連用は好ましくない。
そのほか、効果は少ないが、副作用がないため、
補助的に成長因子(FGF-7、VEGF等)もしばしば適用します。

手術だけにとらわれず、最も効果的な治療を計画する

変化の大きさでなく自然さを求めるときには
あえて産毛を移植することもある

産毛と言っても、髪の毛のなかで特に細いものと考えてください。
この特別の材料は採取も難しく、移植も難しいので
他所では見たことがありません。
しかしこの技術は、特に女性のおでこの植毛の自然さを演出する
のに適しています。

i-SAFE治療の流れ

手術時間の大半は眠っている状態で行われます

1.グラフト(移植毛)の採取

i-SAFE独自の吸引の付いたマイクロパンチを用いて、
必要とするサイズを選択しながら、毛穴毎採取していきます。
この採取の際の「吸引の補助」は、株の切断率や採取速度を考えると
デメリットもあるFUEを比較的容易にし、その結果として切断率が低くなるばかりか、速度も大きく改善させます。
もはや一般のFUEやロボットFUEとは別次元の方法と言えます。

2.株の確認とトリミング

株分けの作業はありませんが、取れたものは、一旦顕微鏡下でチェックし、
必要に応じて、トリミングをします。
これにより、やり過ぎると生着率を落とすこともありますが、
適正なら、傷跡を小さくでき生着率も良くできます。
あくまでも、目指すのは高品質です。

3.移植孔(毛穴)の作成

マイクロスリット、ニードルを使ってボリュームや科学的根拠に基づいたデザインを考慮しながら、
細密且つ高密度の移植を可能にする超微細な移植孔を作成していきます。
この作業とそれに続く移植法が当院の最大の特徴と言えます。

4.グラフト(移植毛)の移植

細密に作成された移植孔をダイレイターやマイクロピンセットを用い一時的に拡張して、
その間にi-SAFE独自のインプランターやChoi式インプランター
またはマイクロピンセットを適宜使い分け移植していきます。
このニードルやマイクロスリットで作成された
超微細で見えない程の移植孔へのインプラント(移植作業)は、
熟練された技術を必要とするため手間と時間がかかりますが、
当院の自毛植毛《i-SAFE》は効率重視の速さではなく、
最終的な仕上がりの美しさや自然さ追求した手術のクオリティに重点を置き、
しっかりとした精度の高いインプラント技術で丁寧に移植し
圧倒的な満足の高い仕上がりを実現します。

麻酔が切れるのを確認した後にご帰宅
アスクの誓い

アスクの誓い5条

そして、患者様の満足が私たちのハピネスとプライドにつながると信じています。

アスク井上クリニックのハイブリッド自毛植毛《 i-SAFE 》気になる費用は?

基本治療費
+

下記のプランよりお選び頂けます

スタンダードi-SAFE
アンシェーブンi-SAFE

自毛植毛費用シミュレーション
800グラフト移植した場合 基本治療費+植毛費用 合計金額
自毛植毛費用シミュレーション

1000グラフト移植した場合 基本治療費+植毛費用 合計金額
自毛植毛費用シミュレーション

遠方でも安心の交通費・宿泊費サポートシステム

アスク井上クリニックでは、遠方の患者様に安心してお越しいただけるよう
交通費・宿泊費として手術費用の3%を還元させていただきます。
日本全国からお越しいただく患者様のご負担を少しでも軽減させて
いただくためのサポートシステムです。是非、ご利用ください。

※交通費・宿泊費の領収書を必ずお持ちください。
 ご持参いただけない場合、還元できないことがございます。


お支払い方法

アスク井上クリニックでは下記のお支払い方法をご利用いただけます。

支払い方法イメージ ご利用いただけるクレジットカード

低金利で安心・月々の支払いも自由に設定

box

メディカルクレジット

月々のお支払い回数や金額を自由に設定できる低金利で安心の
メディカルクレジットのご利用で、自毛植毛がお気軽に受ける
ことができます。メディカルクレジットは最長5年(60回払い)
までご利用いただけます。
お支払いについてはお気軽のご相談ください。

自毛植毛アスク井上クリニック

東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル6階

0120232318(受付時間:10:00 ~ 19:00)

  • 西武新宿駅北口から徒歩1分
  • JR新宿駅東口から徒歩8分
  • 新大久保駅から徒歩8分

無料カウンセリング

ご予約フォーム

無料カウンセリング専用のご予約フォームです。下記の項目へ入力後送信してください。
折り返しご連絡差し上げます。



お名前  
フリガナ(全角カタカナ)  
年齢  
メールアドレス  
メールアドレス(確認用)  
電話番号  
お住まいのエリア  
カウンセリング希望日:第一希望    時頃
カウンセリング希望日:第ニ希望    時頃

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)について

個人情報の取扱いについて

アスク井上クリニック (以下「当院」)は、患者さまの個人に関する情報(以下「個人情報」)
につきまして、適切に保護することが社会の責務として重要と考え、下記の方針に基づき、個人情報の取り扱いを徹底してまいります。

個人情報の定義

個人情報の定義とは、患者さまのお名前、Eメールアドレス、住所、生年月日などを含む問診票記載内容、カルテ等の診療に関する内容、ご予約時の履歴等、当院での医療サービスを提供する上での患者さまの情報を対象とさせていただきます。

個人情報の管理について

当院は患者さまの個人情報保護のため、その取扱いや管理、情報システム面について保護責任者を定めています。保護責任者の管理体制のもと、適切なルールと教育を行い、また、随時見直し、改善を行っています。患者さまの情報をいただくケースとして、資料請求、お問い合わせ、カウンセリング予約、イベント・セミナーへの申し込みの際がございます。

情報の収集方法及び利用目的について

患者様からのお電話、メール、FAX、郵便物、及び来院の際の書面への記入等の方法によって、収集させていただきます。患者さまの個人情報は、当院からの各種ご案内等のサービスの提供のため、業務上必要な範囲で限定し、利用させていただきます。

個人情報の第三者提供について

当院は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

個人情報の開示・訂正・利用停止について

患者さまから、ご自身の個人情報の開示・訂正・利用停止のご請求があった場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、速やかに対応いたします。

個人情報の相談窓口

個人情報保護方針に基づきまして、その取扱いに関しては、お申し込みいただいた時点で、患者さまの同意とさせていただきます。また、取り扱いについての不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

 個人情報保護方針に同意する

薄毛の悩み、お気軽にご相談ください。

アスク井上クリニック

Copyright c 2015 ASC Inoue Clinic.All rights Reserved.