男性型脱毛症、慢性休止期脱毛症 生え際中央部、左右M字の部分 1,580グラフト 植毛の症例 術後6か月経過写真・費用 |植毛 東京 自毛植毛アスク井上クリニック

  • アスク井上クリニック東京Facebook
MENU
  • Dr.メール相談 東京医院の専門医がお答えします
  • 無料カウンセリング東京医院 簡単予約
東京医院お電話でのお問い合わせはこちら 受付時間 10:00~19:00 0120-2323-18

症例の術後6か月経過の詳細

男性 / 生え際中央部、左右M字の部分 / 1,580グラフト

手術前

術後6か月経過

症例写真術前42
症例写真術後42
疾患名 男性型脱毛症、慢性休止期脱毛症
問診(対応)内容:カウンセリング時の内容 おでこが広く見えるのがコンプレックスで、生え際を下げたいとのご希望。
長髪が好きで髪の毛を短く刈るとその長さまで生えるのに時間がかかり、美容院にも行きにくくなるのが嫌だとの事でアンシェーブン法で施術
移植本数(グラフト数) 1,580グラフト
施術の解説 生え際中央部に530株、右のM字の部分に550株、左のM字部分に500株、合計1580株
施術の費用 2,289,100円(税込)
施術の治療期間・回数 1回
主なリスクと副作用について 術後のショックロスならびにごく希に採取部にも円形脱毛状の一時的脱落が起こる可能性がある。
また、移植毛は若干クセ毛になる。移植部に知覚鈍磨が起こる等々
施術後の写真の経過月 術後6か月経過
当院補足説明

元々おでこが広く見えることがコンプレックスであったとの事。そこで他院を含め植毛のクリニックを回り、カウンセリングを受けて、比較したところ、生え際のデザイン・密度・毛質まで細部にこだわりがあり、自然な仕上がりになると感じられてアスク井上クリニックで施術を受けようと決められたとの事。

元々長髪の髪型が好みで、後頭部から採取する際に刈り上げてしまうと、髪がまた伸びてくるまで時間がかかることから、美容室に行きにくくなってしまうことが懸念だと。そこで髪の長さをそのままで施術を行えるアンシェーブン法を提案したところ、是非にとの事で術式が決まりました。

トップへ戻る